comic Berry's

-50kgのシンデレラ ・第32話のネタバレと感想|comic Berry’s128号

2021年11月19日発売の「comic Berry’s」128号に掲載されている「-50kgのシンデレラ」第32話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

-50kgのシンデレラ・第32話のネタバレ

1年経ち、ついに2人の結婚式の日がやってきました。

控室でイチャイチャする2人の元に加奈子と長谷がやってきて祝福してくれます。”陽芽が頑張ってたの見てたから嬉しい。”とほほ笑む加奈子に抱き着く陽芽。

“加奈子ちゃんが居たから頑張ってこれたんだよ。”と泣く陽芽に”式に出んでしょう。”と加奈子は陽芽の涙を拭います。

新郎新婦が呼ばれ陽芽が出て行った瞬間、加奈子も泣いていて、それを長谷は”恋人は甘やかす性分だから。”と言って慰めるのでした。

未だに”ドレスはそれでよかったのか。”と心配する宰に“宰さんが選んだ靴と、自分の選んだドレスで将来を誓えるなんて最高すぎます!”と陽芽は笑うのです。

この先、どんなことがあっても宰さんとなら希望に満ち溢れた未来が待っている。陽芽はそう信じていました。

======

“懐かしいもの見てるねぇ。もうあれから5年か。”と呟く宰と、アルバムを見ている陽芽。”本当にいろいろあったねぇ。”という宰に”大切な思い出ですね。”と陽芽は返します。

大きいお腹をさすりながら”この子にはどんな未来が待っているんだろう。”と言った陽芽に”俺と陽芽の子どもだから誰よりも幸せな子だよ。でも陽芽の1番は誰にも譲らないからね。”と宰が陽芽にキスをしようとした瞬間―――

“だめ!”と声が聞こえたのです。

“あれ、樹、起きてたの?”と驚く陽芽に頬をふくらませるのは、陽芽と宰の長男でした。

“パパばっかりずるい!”と怒る樹に”ママはパパのお姫様だもん。”と答える宰。そして“いつか樹も大切なお姫様に会う時がくるから、その時は守ってあげるんだぞ。”と優しく諭します。

“よくわかんない!”そう言いながら陽芽のお腹を触った樹は胎動を感じ、感動していますがそろそろ眠気が限界に近付いていました。

“ママいつものお話・・・”そう言いながらうとうとする樹に陽芽は”むかしむかし、あるところにぽっちゃりな女の子がいてー―――”と優しくお話を始めるのです。

 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで最大50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

-50kgのシンデレラ・第32話の感想

わーーーー!ついにかーーー!
めっちゃ長かった気もするし、短かった気もするんですが、このカップルラブラブになってからの方が長かったんで私的に毎度お腹いっぱいの気持ちを届けてくれてたんで、充実度がとっても高かったんですよ(笑)

最後の最後までずーっとイチャイチャしててくれてたし、最後の最後まで安定にラブラブだったんで、なんだろう、満足!!って気持ちが1番強いです(笑)

終わり方もとっても素敵だなぁって思ったし、宰のやきもちは相変わらず子どもにまで発揮してるんだなぁ。と見てたら笑えてきました。

時間軸もとっても自然な感じだったので、ずーっと終始ほっこり!っていうほんとにステキな漫画でした!

また次回作も楽しみにしています。