ネタバレ・感想

青の花 器の森・第30話のネタバレと感想|月刊flowers1月号




2020年11月27発売の「月刊flowers」1月号に掲載されている「青の花 器の森」第30話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「青の花 器の森」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


青の花 器の森・第30話のネタバレ

急遽家族と食事会をすることになった青子。

申し訳なく龍生を誘うと、龍生は挨拶をしに一緒にいくと言います。

そして二人は青子の実家へ…
青子の家族はとても騒がしく、龍生にとってどこか新鮮がありました。

たくさんの食事が並べられ、家族は龍生におもてなしをします。
新米を口にして表情を和らげる龍生。

そのときふとお椀の柄が気になるのでした。

龍生が静岡出身だと聞いて好き勝手話し始める家族。
龍生の家族構成やらなにやら話していると、「そうだ」と言って青子の父は青子のどこが気に入ったかと聞いてきます。

無視していいと青子は言いますが、龍生はまっすぐに父を見て気が付いたら青子のすべてが好きになっていたと話します。

自分のことを「好き」とか言ったのは初めてであった龍生。
青子は頬を赤らめながら龍生の横顔を見ていたのでした。

食事会が終わり、二人は帰路につきます。

青子は騒がしい家族だったことをお詫びすると、龍生は憧れだと言います。

食事会の時に一瞬龍生の家族の話になったものの流されてしまい、青子はどこか気になっていました。

その旨を伝えると、龍生は静かに微笑みながら話し始めます。

実は小学校3年の時に母を病気で亡くしていた龍生。
当時は死というものを受け入れられなくまだ混乱している頃に父は再婚します。
そして1年たたないうちに新しい母との間に弟が生まれますが、めまぐるしい展開に頭が追いつかず弟を見てもなんの感情も芽生えませんでした。

更に再婚相手は弟ばかりかわいがってこっちを見ようとせず、どんどんと言えの中で自分だけが孤立するようになっていました。

そんな龍生を見た父は実の母を亡くしたショックを引きずっているのだと思い、龍生を修善寺の祖母の家に預けに行きます。

川と竹林に囲まれている旅館にいると、気持ちが落ち着いて自分を取り戻せるような感じをしていた龍生。

それからは長い休みや連休のたびに祖母の家で過ごすようになり、ついに高校は祖母の家に近い学校を受験して実家から出たのです。

親とは疎遠になってしまったがこれでいいと思っている龍生。

あんな過去があったからこそ、この町にたどりついて青子と出会えたと言います。

祖母の旅館に滞在している時よく厨房に入り浸ってぼんやり板前の作業を見ていた龍生。
そこにあった小鉢や茶わんの湯呑みの入っていた柄を見ていた龍生は、そのときから自然と刷り込まれていたのかもしれないと言います。

運命だと言う龍生の言葉に、青子はその言葉を信じてみたいと思うのでした。



 

青の花 器の森の最新話を無料で読むには?!

『青の花 器の森』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
ebookjapan無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

青の花 器の森・第30話の感想

青子と龍生が出会うことは必然だったのかと思うくらいに、いろいろなことがつながっていてなんだか感動しました。

私自身、運命というのは信じがたいと思ってしまいますが…
今回の龍生の言葉を聞いて偶然の積み重ねが運命になるのかと思うようになりました。

この幸せな日々がずっと続くといいな。