&フラワー

Bite Maker(バイトメーカー)・第3話のネタバレと感想




&フラワーに掲載されている「Bite Maker(バイトメーカー)」第3話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「Bite Maker(バイトメーカー)」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

https://manganista.net/bite-maker‐matome/

 


Bite Maker(バイトメーカー)・第3話のネタバレ

信長のいる部屋に入ったのえる。
そこには不法侵入されたことに怒る信長と、下着姿で倒れている伊代がいました。

伊代に何をしたのかと信長を責め立てるものの、信長の体に触れた瞬間発情してしまうのえる。そして漂うΩフェロモンにαである信長の体も反応してしまいます。

別のところにいる幸村、秀吉の2人も同じく不思議な感覚を感じているのでした。

 

のえるは信長に襲われると思い、慌ててリュックからカッターを取り出し、自分を傷つけようとします。必死で止める信長。しかしのえるの早とちりで生理現象にあらぬ疑いをかけられご立腹。

のえるこそαのフェロモンにあてられているんじゃないかと冷やかします。そしてどっちの方が感じているか見せ合うかと言いながらベルトを外そうとする信長に、強姦魔だと叫びながら思い切り頭を叩くのえる。

 

気分を害した信長はソファに座ると、友達になんとかしてもらうと言います。口でイかせろという言葉に、動かされるように信長の元へ歩いていく伊代。信長の前に座り、命令に従おうとします。

信長は自分の「能力」は絶対だと言います。どうしたら伊代に手出しをしないでくれるのか問うのえる。

信長はキスをしろと命令します。のえるは静かに了承し、自分からキスをするのでした。嫌悪感があったはずなのにキスを止めることの出来ない2人。本能で絡み合うキスに抗えないのでした。

 

のえるを担ぎ、ランの元へ現れる信長。
ランに伊代のことを頼み、のえるは自分が家まで送るといいます。そして自分の新しい従者は決まったと告げて去っていくのでした。

信長は家紋の入ったイヤーカフをのえるの耳にこっそりと着けます。そして運命の番だといって、そっとキスをするのでした。



 

『Bite Maker(バイトメーカー)』の最新話を無料で読むには?!

『Bite Maker(バイトメーカー)』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
クランクインコミック14日間無料でお試しで、3000円分のポイントが貰えます。さらに毎月2000円分ポイントプレゼント!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国無料会員登録OK!お得な割引も豊富なサイト。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

Bite Maker(バイトメーカー)・第3話の感想

信長と目が合った瞬間体が反応してしまったのえるは、リュックの中からカッターを取り出して自分のことを傷つけようとしました。学生なのでカッターを常備していても全くおかしくないのですが、躊躇なく行動を起こしたのえるを見て、日頃からそういう覚悟もしていたのかなと少し勘繰ってしまいました。(本当に咄嗟の行動だった可能性の方が高いですが!)

信長は突拍子もないことを口にしたり、冷たく突き放すことも多いですが、好きなものはとことん大事にするタイプですね!スイーツを食べてるもそうでしたが、伊代に向ける視線とのえるに向ける視線が違うなあと感じました。

ただ純粋に好意なのか、物として大事にしようとしてるのかは際どいところですけれど…

少女漫画 ネタバレ
Bite Maker(バイトメーカー)・第4話のネタバレと感想 &フラワーに掲載されている「Bite Maker(バイトメーカー)」第4話のネタバレと感想です。 文字のみ...