&フラワー

Bite Maker(バイトメーカー)・第6話のネタバレと感想




&フラワーに掲載されている「Bite Maker(バイトメーカー)」第6話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「Bite Maker(バイトメーカー)」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

https://manganista.net/bite-maker‐matome/

 


Bite Maker(バイトメーカー)・第6話のネタバレ

信長の新従者お披露目の日。

のえるはランによって別室に連れて行かれます。

売り言葉に買い言葉で毒を吐き合う2人の元に、ラン専属のスタイリストである真一と真三がやってきます。真一と真三はのえるの肌や制服の着こなしをボロクソに指摘し、ランと共にのえるをスタイルアップさせるのでした。

ランはのえるに化粧を施しながら、信長やナンバーズについて話し始めます。

 

「ナンバーズ」とは特殊能力を持つαのこと。

そしてTOKYO新宿特区にいるαは3人で、その全員が最高ランクである五感に特化した能力者。それが信長、秀吉、幸村の3人で、「目の信長」「鼻の秀吉」「口の幸村」といわれています。

また目で操る信長は生まれながらにしての絶対王者であり、その信長の1番の従者になるため、ランは小さい頃から努力を重ねてきたのでした。

 

ついに新従者お披露目の会。従者達から登場します。

「青丹秀吉の従者」右近・フィッツウィリアム・歩、央進、左近翔。
「浅葱幸村の従者」幸也、幸人、幸。
「蘇芒信長の従者」森ノ宮蘭。

続いて圧倒的なオーラを放つα。信長、秀吉、幸村が入ってきます。会場の熱気も最高潮。

 

 

信長は新しい従者を紹介するといいます。
俯きながら自己紹介するのえる。従者は主にβの特権だったため、α制服に身を包んだのえるにブーイングの嵐が降り注ぎます。
しかし信長に笑えと諭され、お姫様のような笑顔を見せたのえるに会場も一気に沸くのでした。

お披露目会が終わり、信長は会場を魅了したのえるを誇らしげにします。

のえるが素直にお礼を言うと、信長は無意識のうちにのえるの顔を触れます。どうしようもなく愛おしい気持ちが溢れ、優しくしたいと強く思うのでした。



 

『Bite Maker(バイトメーカー)』の最新話を無料で読むには?!

『Bite Maker(バイトメーカー)』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
クランクインコミック14日間無料でお試しで、3000円分のポイントが貰えます。さらに毎月2000円分ポイントプレゼント!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国無料会員登録OK!お得な割引も豊富なサイト。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

Bite Maker(バイトメーカー)・第6話の感想

新従者お披露目会で俯きながら自己紹介をするのえるに大ブーイングだった会場も、天女のような微笑みしたのえるに魅了されていました。もちろん私も魅了されてしまいました!
元々のえるは美人で可愛かったけれど、信長に「お前はお姫様」だと言われ、本当にお姫様のように振る舞った姿はうっとりするくらい綺麗で美しかったです。

従者達のお顔や名前も全て判明しました。1番びっくりしたのが秀吉の従者である3人の素顔。中でも右近はこれでもかってくらい美形で、普段眼鏡をしているのがもったいないくらい。
幸村の従者は兄弟の3人で、これがまためちゃくちゃ可愛い。特に末っ子の幸の可愛さにはきっと誰も勝てまい、、思わぬところで癒しを発見してしまいました、、

少女漫画 ネタバレ
Bite Maker(バイトメーカー)・第7話のネタバレと感想 &フラワーに掲載されている「Bite Maker(バイトメーカー)」第7話のネタバレと感想です。 文字のみ...