&フラワー

Bite Maker(バイトメーカー)・第23話のネタバレと感想|&フラワー9号




2021年2月5日発売の「&フラワー」9号に掲載されている「Bite Maker(バイトメーカー)」第23話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「Bite Maker(バイトメーカー)」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

https://manganista.net/bite-maker‐matome/

 


Bite Maker(バイトメーカー)・第23話のネタバレ

信長が抑制剤を飲むのをやめた瞬間、信長のフェロモンが中に入ってきてのえるは喘ぎます。

信長の声やフェロモンに自分の体中ねぶるように愛撫され、苦しくどこもかしこも疼いておかしくなりそうなのえる。

心よりも頭よりも先に身体が反応していたことに、自分の本能が自分の運命の番は信長と叫んでいることを気づきます。

信長に触れられた瞬間、最高潮の快楽にのえるは意識を失います。

信長は秀吉を床に押さえつけのえるを連れていきます。

のえるを連れていかれ、秀吉が床で蹲っていると右近たちが覗いていることに気付きます。

秀吉を元気づけようといろんなものを差し出す右近たちを見て、秀吉は涙を流します。

恋とはこんなにも叶わないものだと思い知った秀吉。

足りないものは努力で補ってきていた秀吉にとって生まれてはじめての挫折でした。

 

―――信長の家に連れてかれ、激しいキスを交わす二人。

キスしかしていないのに、のえるは何度も果ててしまい力が入らなくなっていました。

信長の声、指、舌、匂い、何もかも自分をとろかして甘く痺れさせる毒のようでした。

のえるに好きだと何度も言う信長。
自分を好きになれ、自分のものになれ、自分の番になれ。

そのように言う信長についにのえるは首を縦に振ります。

以前、惚れた男だけしか許されないと言っていたのえる。

火照っているのえるの顔を見て、信長は喜びで満たされます。

急いでのえるをベッドに連れていき服を脱がせます。
そしてついに―――

 

…と思いきや、信長は寸前のところでやめてしまいます。

秀吉がうなじを噛んだせいで、秀吉の臭いが邪魔をしてできないと言う信長。

信長を最後までいけなくて少しほっとしていると、信長はのえるだけでもと身体に触れます。

再び襲ってくる快楽にのえるは何も考えられなくなっていくのでした。

帰り道、信長との行為を思い出すのえる。

これが自分の本能かと考えていると、なんと幸村から秀吉が探していたオメガの子が見つかったと連絡を受けます!

のえるは急いで指定されたカフェに向かいます。

緊張で手が震えるのえるは落ち着くように自分に言い聞かせながら幸村たちを待ちます。

そしてついにオメガの子が現れるのです!!

その途端に涙が溢れるのえる。
あなたなら自分の気持ちを分かってくれると抱きしめるのでした。



 

Bite Maker(バイトメーカー)の最新話を無料で読むには?!

『Bite Maker(バイトメーカー)』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

Bite Maker(バイトメーカー)・第23話の感想

抑制剤の効果は壮大だったのですね…。

やめた瞬間のえるは快楽の海に溺れてしまいましたし…。
これは信長だからなったのでしょうか。
これで両想いになったと思いましたが、のえる自身はどう考えているのでしょう。

まだ、信長の番にはなるか迷っているような様子がします。

一方で、ついに仲間と呼べる人が出てきましたね!
めちゃくちゃ美しいです…。彼女は一体何者なのでしょうか!?


error: Content is protected !!