Cheese!

ぼくの輪廻・第37話のネタバレと感想|Cheese2月号

Cheese2月号に掲載されている「ぼくの輪廻」の最新37話のネタバレ・感想をまとめました。

乃木先生はホンモノなのか、ニセモノなのか…はたして花撫が出した決断とは…?

乃木・花撫・蓮城の3人は前世からの深い深い因縁がありました。
7回目の輪廻転生である今世…3人はそれぞれがはるか昔から抱え続けた思いを遂げようとします。

正行の誠実さを引き継いでいるのかと思いきや、謎の絶叫告白で大人気ない開き直りっぷりをみせてしまった乃木先生。

…そのせいで花撫には疑念が生まれてしまった様子…!?

ぼくの輪廻第37話のネタバレ

「両方好きなんだから仕方ないと思わないか!?」と迫真の顔で迫る乃木先生…。

花撫は一瞬フリーズし、「正行さまだったらもっと誠実な答えをくれるはず」と考えを巡らせてしまいます。

まさか…もしかして…乃木先生は正行さまの生まれ変わりではない…?

もしそうだとしたら花撫が今までやってきた数々のことは一体何だったのかという話になります。

 

 

乃木先生を取り合って蓮城とケンカ(しかも殴り合い)をしたり…
初対面なのに馬乗りになって自分の巨乳を触るように迫ったり…

もし乃木先生が正行さまと全くの無関係、つまり人違いなんだとしたら、自分が今までやってきたことはビッチの意外の何者でもない!

さらに乃木先生が急に自分のことを好きだと言い出したのは、「私がビッチですぐヤラせてくれそうっだと思ったからなのでは…?」なんて被害妄想まで始まってしまう始末です。

 

花撫はあの日の夜(前世で自分が命を落した日)のことをよく思い出してみることにしました。

山火事の中、正行と雅次郎(花撫の前世)が会話をしています。

「子供ができた」という正行に対して「おめでとうございます」と話す雅次郎。

実際はショックでたまらないはずなのに、「世継ぎの誕生は楠木一族の念願でございます」と建前を述べます。

しかし正行は、ヨシ子との婚姻は本意ではないと語ります。
さらにヨシ子の腹の中の子は自分の子供ではなく、賊に襲われて身ごもった子供だと言うのです。(実際には正行の部下である五平との子)

ヨシ子にすがられ見捨てることもできず夫婦の形をとることにしたのだというkとです。

「俺は婚姻するとは言ってもヨシ子に指一本触れるつもりはない。
身も心もおまえに捧げるつもりでいる。」

正行は必死で事情を説明しようとします。

 

一方こちらはヨシ子…月を眺めながら己の策略について思いをめぐらせていました。

「あの2人を邪魔できるのなら」と汚れ役の自分に嫌気が指してるようですが、同時にどこか諦めの表情です。

どうせ自分は邪魔立てするだけの存在、次の世もきっとそう…
愛してくれる人が現れたとしても報われることはないのだ、と。

そう思いながら頭に浮かぶのは五平の笑顔でした…。

 

場面は切り替わり正行と雅次郎が話し合う山火事の最中へ。

2人の会話を盗み聞きしていたのは何と、ヨシ子を身篭らせた張本人の五平です。

五平は

「なぜ殿がヨシ子殿とオイラの子を横取りするのだ!」

と勘違い…主君である正行に対して殺意を抱いてしまいます。

 

五平は足を踏ん張り

槍を真っ直ぐに構え

正行めがけて飛び出していきました。

 

次の瞬間…

血飛沫が上がったのは雅次郎の背中からです。

倒れそうになる雅次郎を正行が受け止め、抱きしめます。

同胞を突き刺してしまい戸惑う五平ですが、次の瞬間、彼の腕は正行の早業によって寸断されてしまいました。

片腕をなくした五平は悲鳴を上げながらその場から逃げ去っていきます。

 

薄れ行く意識の中、正次郎は正行との過去を思い出していました。
正次郎が賊に言い寄られていたとき、正行は馬に乗ったまま三十間もあろう距離から石を命中させて荒くれ者を撃退してくれたことがあったのです。

そんな思い出が走馬灯のように蘇ります。

もう3度目ともなれば自分の死期も察しがつく…そういって正行にお別れを言う雅次郎です。

「来世にかけよう、今世はおしかったなぁ。」

そういって瞳を閉じ、意識は遠のいていきました。

 

そして現世へ。
目を開けるとそこにいたのは乃木先生です。

思えば思うほどやはり正行と乃木先生は別人な気がしてなりません。

しかしもし乃木先生がニセモノだったとしてもまたゼロからのやり直しになります…それもかなり骨が折れる労力…。

花撫はとりあえず「一旦、乃木先生を本物として扱う」という楽観的思考に逃げ込むことにしました。

その直後、突然ゴン!という鈍い音と共に乃木先生が倒れます。

傍には乃木先生のメガネと、一つの石が落ちていました。

ん…このシーン…以前どこかで見たような…!?


ぼくの輪廻第37話の感想

石を投げてきたのは一体誰…!?
まさか早くも“ホンモノ”様のご登場でしょうか?
だとしたら花撫の懸念通り乃木先生はやぱり正行の生まれ変わりではにということになりますね…頭の中がこんがらがってきてしまいました…笑

ぼくの輪廻の最新話を無料で読むには?!

僕の輪廻 最新 ネタバレ

無料で最新話を読む

ぼくの輪廻の最新話を今すぐ読みたい方は動画・漫画配信サービス「U-NEXT」をお得に利用する方法が最もオススメ!

「解約できなかったらどうしよう?」「本当に料金かからない?大丈夫?」と心配になる方も多いと思いますが、 U-NEXTは31日間もの間無料で沢山の動画や漫画が見放題。

31日間の間に解約をすれば一切料金が発生しません!

 

さらに、U-NEXTのお得な点を上げると、今なら無料登録したと同時に600ポイントがもらえます。

つまり、無料登録すれば31日間の間は『見放題作品』と『ポイントレンタル作品(600円分)』が無料で読めてしまうんですね!

 

数週間使用してみて、「なんだか自分には合わないかも…」と思ったらアカウントページにある【解約】というボタンを押せば、 簡単に解約できるので、お試し感覚で是非チェックしてみて下さいね!

無料で最新話を今すぐ読む!

https://manganista.net/bokunorinnne38/




コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。