ネタバレ・感想

僕と魔女についての備忘録・第3話のネタバレと感想 | ベツフラ


「ベツフラ」に掲載されている「僕と魔女についての備忘録」第3話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「僕と魔女についての備忘録」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

僕と魔女についての備忘録・第3話のネタバレ

渉が虐められていることを知った魔女は、怒りのエネルギーに溢れ、皆の前で突然光を放ちはじめました…!

すかさず渉は魔女を抱きしめて彼女の怒りを鎮めようとします。
魔女はふと我に返った表情に戻て落ち着きを取り戻します。
渉のことをぎゅっと抱きしめ返してきました。

蛍は落ち着いた様子でそのまま魔女を外へ連れ出すようにと指示を出してきます。

見れば同級生たちはまるで時間が止まったかのように微動だにしていませんでした。
どうやらこの魔女の能力というのは、時間にまつわる能力のようです。

渉たちが去った後ほどなくして同級生たちは再び動き出します。
しかし香代子だけはその場にペタンと座り込み今だ動けずにいました。

もし渉があの場で止めに入っていなければ…おそらく香代子は殺されていた…殺意を向けられた本人である香代子だけはそのことを感じ取っていたのです。

 

渉たちは校舎を出て物陰に隠れています。
小さくなって座り込みながら、魔女は涙を流していました。
なぜ渉が虐められなければならないのかと…。

家に帰る間も魔女はずっと涙を流していました。
まるで渉の代わりにないてくれているようです。

めそめそする魔女の手を渉はずっと握ってやっていました。

その夜、また小さな魔女さんに会いたい…渉はそう備忘録に書き記し、眠りに落ちます。

 

翌朝―――。
魔女の家に、手紙を携えたカラスがやってきます。

手紙を受け取った渉は、蛍からそれが魔法集会の招待状だと知らされました。
そのことから渉は、魔女以外にもこの世にはたくさんの魔法使いが存在していることを知り、嬉しくなります。

蛍からの説明で、魔女によって能力も力も千差万別であり、とりわけ自分たちの魔女は時守の魔法使いといって特殊かつ強大な能力を有しているのだと説明されました。

そして学校で渉が止めていなければ、おそらく魔女は同級生たちを殺していただろうとも聞かされます。

 

しかし渉はそれを聞いても、魔女を怖いとは思いませんでした。
同級生たちが死んでいたかもしれないと聞いても、さして心が動くこともありません。

誰に嫌われても。、他の誰がどうなろうと…魔女とずっと一緒にいられれば、渉は幸せでした。

いまや魔女だけが、渉の全てです―――。

 

蛍から魔法の話を聞いて、がぜん興味がわいてきてしまった渉。
蛍はそんな渉を、書庫室へとつれていってやります。

そこにはおびただしい数の書物がありました。
渉の心は魔法に焦がれ、彼の興味心は興奮でいっぱいでした。

そして魔女・渉・蛍の3人で魔法集会へと赴くことになります。

めめこ
めめこ
しかしどういうわけか小学生だった渉が青年になっています!
魔法集会は知らせが届いてから数年後の開催だったのでしょうか?
それとも子供は集会に入れないから魔法で青年に化けているとか…?

しかし集会にて渉たちの前から魔女が姿を消してしまいます。

すぐに見つけることに成功したのですが…魔女は渉を見ても誰なのかわかりません。

どうやらすごく酔っている様子です。

魔女はそのまま渉にもたれかかって立ったまま眠りこけてしまいました。

渉はウェイターのような男性に、奥で休まれては?と案内されます。
しかしその場所は何やら怪しげな雰囲気が漂っており、男女がクスクスと笑いながら抱き合っている異様な場所なのでした―――。



 

『僕と魔女についての備忘録』の最新話を無料で読むには?!

『僕と魔女についての備忘録』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

僕と魔女についての備忘録・第3話の感想

魔法使いたちの集会…蛍はただの懇親会だと言いますが、果たしてそうなのでしょうか…。
何やら怪しげな人物や、狼男までいるみたいですけど。

渉が青年の姿になっていましたが…これまたイケメン!
「この姿にはちょっとワケがある」と言っていたので、おそらく魔法で一時的に青年に化けているんでしょうね~。
時の魔法っぽいので魔女さんの仕業でしょうか?
やっぱり集会には子供は入れないんですかね…。

渉が気に入った書庫室の横には「必要の扉」と言われる魔法の扉があるそうです。
求めるものが求めるものがそこに現れるとのことですが…渉が最初にあけたときは魔女の衣装室でした。
中にはたっくさんのドレスが!
魔女はおそらくこのドレスを着て集会へ行くのでしょうね。
渉と一緒に選ぶのかな~♪

https://manganista.net/bokutomazyonituitenobibouroku4/