ネタバレ・感想

僕と魔女についての備忘録・第8話のネタバレと感想|ベツフラ




「ベツフラ」に掲載されている「僕と魔女についての備忘録」第8話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「僕と魔女についての備忘録」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


僕と魔女についての備忘録・第8話のネタバレ

渉を追って魔女の家を訪れてしまった一条でしたが…?

魔女は一条がかつて渉に嫌がらせをしていたにもかかわらず、彼女をもてなします。
渉が作ったアイスティーとクッキーをふるまう魔女。

一条が出会い頭に「渉くんをいじめてすみませんでした!」と深々と頭を下げて謝罪したため、魔女は彼女が可愛くなってしまったのだとか。

一条は今まで飲んだことがないほどおいしいアイスティーに感動し、今度渉に作り方を聞いてみよう…などと考えています。

渉がお料理男子であることを知ってドキドキする一条。

蛍と渉が家へもどってきます。

自分への来客が一条だったことを知り驚く渉。
この家に自分を尋ねて誰かがやってきたのは初めてのことでした。

一条は渉に話があると言ってきます。
蛍と魔女が席を外し、渉と一条は二人きりになりました。

一条は、小学生のころに嫌がらせをしてしまったことを今更ながら謝罪します。

渉はありがとうと返事をし、微笑みました。

別れ際、一条は渉を花火大会に誘いました。

渉はもともとこの花火を魔女と一緒に見に行こうと思っていたため、返事に困ってしまいました。

 

その夜―――。
なかなか寝付けない魔女は、夜遊びに行こうとしています。
蛍は遊ぶなら後腐れのない開いてを選ぶようにと忠告して魔女を見送ります。

その間際、蛍は魔女に、今年の花火も“朔夜さま”と?と質問。

魔女はたぶんねと答えました。

 

渉は勉強をしていていつのまにかうたたねをしてしまっていました。
目を覚まして上へ上がっていくと、ちょうど帰ってきた魔女に出くわします。

なんだか艶っぽい雰囲気のある魔女。
渉は無性に彼女に触りたくなってしまいました。

 

朝―――渉は蛍との会話で、昨夜の魔女が妙に色っぽかった理由が「夜遊び」のせいだったと察します。
魔女さんが男の人とそういうことをした後だった…。

モヤモヤと考えてしまう渉はついお鍋の中の料理を焦がしそうになってしまいました。

渉はその日、一条からの花火の誘いを断ります。

そして家に帰ってから、魔女を花火を一緒に見に行きませんかと誘って…。



 

僕と魔女についての備忘録の最新話を無料で読むには?!

『僕と魔女についての備忘録』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録OK!クーポンも無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

僕と魔女についての備忘録・第8話の感想

えー魔女さんそういう夜遊びするんですね…!
ちょっとドキドキしてしまいました。
ということはやっぱり魔女が渉に抱いているのは単純に親子としての愛だけなのかもしれません…。
渉の恋心にも気付いていないのでしょうか?
意外と聡い魔女に至ってそんなことあるのかな~…?

渉も報われないですよね。
普通に自分に好意を寄せてくれる女の子がいるというのに、もはや渉は魔女に夢中で普通の恋愛なんてできなくなってしまっています。
魔女に拾われた宿命なのかなとか思ったり…。
渉の魔女に対する恋が実ったとしても、彼が人間であるかぎり、無限の時を過ごす魔女とはいずれ別れがやってきます…。
どっちにしろ報われない恋、死別の決まった未来…とても切ないです…。