ネタバレ・感想

配信中毒~私を満たす甘い毒~第12話のネタバレと感想

めちゃコミックで連載中の漫画「配信中毒~私を満たす甘い毒~」第12話のネタバレと感想です。

文字のみですが、ネタバレ注意です!

 

配信中毒・第12話のネタバレ

それを言うためにわざわざ来たのか、小夜は清香を睨み付けます。
清香は、本当に誤解を解きたいだけだと言いますが、それを遮るように小夜はテーブルを叩き、もういいと言います。

小夜は三波に向き直り、一体清香のどこがいいのか尋ねます。
自分たちのような良い家柄の人間には、すぐ金目当ての人間が寄ってくるからしっかり女の子を見極めないとダメだと、小夜は諭すように言います。

小夜の実家は代々医者の家系で、三波の実家とも親交があると、小夜は言います。
清香は、今時家柄など気にするものなのか、と小夜に問うと、
当たり前だと小夜は笑顔で答えます。

やっぱり一般家庭で育った人にはわからない感覚だろうと。

それを聞いて、三波は口を開きます。
きっも・・・

三波はこぶしを握りしめて、怒りをあらわにします。

わざとSNS炎上させたり、家柄なんてくだらないことを言ったり、小夜のような女が一番興味ない。三波にそう言われて、小夜は慌てて謝ります。

しかし、本気で怒っている様子の三波に、もう消えて、と言われ店を飛び出してしまいます。

小夜ちゃん

小夜を追いかけてきた清香が、街中で声を掛けます。
まだ私を惨めな気持ちにさせたいのか、追いかけてきたのが三波でなく清香だったこともあり、まだ不満を述べる小夜。

清香は、こつんとやさしく頭を叩きます。
それはお互い様でしょ、清香は言います。

ちゃんと謝ったらわかってくれる。自分のことを見て欲しいなら、ちゃんと正面からぶつかったらいいと。それを聞いて、ハっとした表情を浮かべる小夜。

甘やかされて育った小夜は、いつも自分が一番だと思ってしまい、そのせいで友達もいない、こんな風にぶつかれたのは清香が初めてだと、小夜は謝ります。

小夜は耳を赤くしながら、また清香に話を聞いてもらいたいと言います。

もちろん。

照れたような笑顔で清香は答えました。
小夜は気付きませんでした。清香の口元だけが、不敵に笑ったことを・・・。

僕ミナミは、キヨカさんとお付き合いをさせて頂いております。
なんと清香は、三波と共に動画で交際発表をしたのです。

それを見た小夜は清香のマンションに向かいます。
ドアを激しく叩き、クソビッチと叫ぶ小夜。
ドアを開けた清香は・・・!

配信中毒・第12話の感想

今回は清香の最後のセリフがとてもよかったです!
これほどまでに性格の悪い主人公はなかなかいないですし、今のところ一人も共感できるようなキャラクターが出てこないので、この先どうやってストーリーを進めていくのかと思っていましたが、この清香のセリフで一変しましたね!清香にぐっと引き寄せられました。

これまでのストーリーで、主人公が何を求めているのか、なぜそれを求めるようになったのかがきちんと描かれていますから、今後は清香がどう変わっていくのかが気になります。よくあるSNS系不幸話とは一線を超える展開を期待したいです。



コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。