ネタバレ・感想

輝夜伝・第27話のネタバレと感想|月刊flowers8月号



2020年6月27日発売の「月刊flowers」8月号に掲載されている「輝夜伝」第27話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「輝夜伝」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

輝夜伝・第27話のネタバレ

凄王が迎えに来た牛車で家に連れ帰られる大神。
牛車を止めさせ、跳丸になにかの「使い」を頼みます

一方月詠と梟(竹速)は生まれ育った家へやってきました
しかしそこに残っているのは思い出だけで、大事なものはすべて葛城の翁に預けているといいます。

ふと自分は覚えていない母と父のことを尋ねる月詠。
竹速は、とても美しい人だったと寂し気に伝えます。
そして叔父は一途で実直な人だったので、月詠の母親がいなくなった後失意で亡くなってしまったのだと話します。
話をしながら竹速は、叔父が死ぬ直前に何かを見ていて、失意の表情に変わったことを思い出しました
その時は気にも留めていなかったその「何か」ですが、叔父を絶望させたそれは天女が月へ帰ることの重要な手掛かりになるに違いないと考えた二人。
それを確かめるために、遺品箱を保管している翁の館へ向かいます。

葛城の翁の屋敷につくと、屋敷の前には葛城の義母がいました。
笑顔で二人を出迎える義母が、翁の墓前に手を合わせたいという竹速に墓の場所を教え、招き入れようとしたその瞬間。
10人以上の検非違使が二人の周りを取り囲みます。

かぐや姫を拐かした罪で捕らえるという検非違使でしたが、月詠と竹速のほうが強く簡単に倒してしまいます。
しかし諦めない検非違使が放った矢がたいまつの火を広げたことで、屋敷が火事になってしまいました。

火事に慌てる人々の中、義母を人質にとったまま形見の場所へ案内させる竹速。
抵抗する義母を脅し、なんとか形見を取り返しました。

去り際に、竹速はなぜ自分たちが来ることが分かっていたのかを義母に尋ねます。
義母によれば、検非違使が大神からの手紙を届けに来て、そこには治天の君からの命令で二人を捕えるように書かれていたと言うのです。

大神がそんなことをするはずないと信じられない月詠ですが、追ってきた検非違使から逃げるために屋敷を抜け出します。

逃げてきた森の中。
竹速は叔父があの日見ていた「何か」を月詠に見せます。
それは綺麗な細工の入った安産祈願の数珠でした
高価な石が使われたそれは、叔父の身分では到底手の届かないものだと言う竹速。
つまり、月詠みの母へその数珠を渡した他の誰かが本当の父親なのではないかと疑った叔父は、絶望してしまったのだというのです

数珠には安産祈願のしるしのほかに比叡山の印が彫られていました。
二人は手掛かりをもとに比叡山にむかうことになります・・・。



 

輝夜伝の最新話を無料で読むには?!

『輝夜伝』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

輝夜伝・第27話の感想

大神が跳丸に使いを頼む描写がありましたが、月詠の義母に告げ口をしたのは本当に大神なのでしょうか・・・。
そしてついに手に入れた父の形見でしたが、その形見によって「本当の父親」が別の人かもしれない疑惑が出てきました。
比叡山で二人を待っているものは一体なんなのでしょう・・・。きに




コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。