&フラワー

輝夜伝・第33話のネタバレと感想|月刊flowers2月号




2020年12月28日発売の「月刊flowers」2号に掲載されている「輝夜伝」第33話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「輝夜伝」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


輝夜伝・第33話のネタバレ

真神様は月詠を連れていくと去っていきます。

月詠はそのなな竹速を探しに奥に入っていきます。
音がする方を見ると、そこには横たわっている竹速の姿が!!

死んでいる!?
そう思った月詠でしたが、頭の中から竹速の声が聞こえます。

生きていたことを知り、竹速にかけよりますが身体は冷え切っていました。

月詠の頭の中に一人で来たのかと問う竹速。
月詠は落とした自分の命を拾いに来る心地で竹速を探したと言います。

月詠は竹速の身体を動かそうとしますが、何か術がかかっているのかびくともしません。
しかし、月詠のことは見えている様子。

目を開くことすらできない竹速は、月詠の目を通して外を見ているようでした。
月詠が出てきてからずっと月詠のことを恋うていたと言う竹速。

月詠は自分にもっと力があったらと嘆いていると、竹速は月詠の顔を見たいと言います。

どこから映せばいいのか…
月詠はあたりを見渡し、竹速が持っていた数珠を自分の顔に反射させます。

―――月が雲に隠れ、だんだんと竹速の声が遠くなっていき、自分の力が弱まったと気づきます。

月詠は竹速の数珠を持って真神の元に戻るのでした。
二夜続けてずぶ濡れになってしまった月詠はとうとう疲れ果てて寝てしまいます。

朝、目を覚めると大神と凄王が。
昨日のことを二人に話し、月詠はさっそく大仏師に見せに行きます。

しかし、曾祖母はひたすら木目をみて月詠に気付かない様子。
仏師たちは顔造りに入られた様子だと話します。

かぐやが現れ、掘り出す仏師。
途中で帝が戻ると言って帰ってしまったかぐやでいたが、ついに完成するのです!

これで都に帰ることが叶うと喜ぶ凄王。
一方、月詠は竹速と離れたくありませんでした。

そのとき、強い風が吹き何かが降りてきて―――!?



 

輝夜伝の最新話を無料で読むには?!

『輝夜伝』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
クランクインコミック14日間無料でお試しで、3000円分のポイントが貰えます。さらに毎月2000円分ポイントプレゼント!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国無料会員登録OK!お得な割引も豊富なサイト。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

輝夜伝・第33話の感想

もはや、相思相愛というかなんというか…
禁断の恋に近いような気がしてしまいます笑

私にも弟がいますが、きっとここまで考えられません笑
月詠と竹速はそれほど強い思いがあるのでしょうね…。

しかし、あの竹速の状態は一体なんなのでしょうか?
死んでいるわけではなく術にかかっている?そうなった場合、誰かにかけられているということですよね?

真神様でしょうか?
なんだかよく分からない展開になってきました…。
竹速は助かることのでしょうか。