ネタバレ・感想

海神の花嫁・第10話のネタバレと感想|姉系プチコミック


 
 

「姉系プチコミック」に掲載されている「海神の花嫁」第10話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「海神の花嫁」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


海神の花嫁・第10話のネタバレ

稔と一緒に2人で夫婦になる。

そう決めた朝和は稔を散歩に誘います。
まさかの展開に、嬉しそうな稔。
意気揚々と朝和とどこに行こうか計画を立てます。

稔の行きたいとこに着いていく。
そういった朝和ですが、見せたいものがたくさんある。
そういう稔にどうしても凪を重ねてしまいます。

雑念の入ったまま、稔とのデートを終える朝和。
この島には何もない。そういう稔を横目に
朝和は一番星を見つけます。

朝和はその一番星を見ながら、凪との思い出を
また思い返すのです。

翌日、朝和は今後の町おこしについて
大学の教授と相談をしていました。

教授の勧めで塩町と話すことになりました。

そして高良家に代々伝わる書物がある。と朝和は言います。
「うちの」凪に見せてあげれませんか。
想像以上の食いつきを見せる塩町でしたが
「うちの」の部分に朝和は気になって仕方がありません。

もちろん塩町の言葉に深い意味はありませんでした。

凪も色々研究しているようですが
どうしても資料が少なく、研究は困難しているようです。

しかしその資料は門外不出の書で、見せることができません。
謝る朝和でしたが、朝和は凪と塩町の関係が気になって仕方ないのです。

塩町から幼馴染としてよろしく頼まれる朝和。
塩町のけん制です。

一方で朝和の帰りを待つ稔。
大学で朝和と凪が接点を持ってしまえば、自分のわからないことだらけです。
そして稔の幸せをひたすらに願う凪に罪悪感を覚えてしまいます。
稔はもう一度だけ朝和を信じてみようと決めるのです。

会社で1人で考える朝和。
このままいけば、もう一度凪と関わってしまうことになります。
忘れようと決めたはずなのに、自分の前にまた現れてしまう凪。
朝和は苦し気に凪を想うのです。

家で朝和を待つ稔のことなんて知りもせず…


 

『海神の花嫁』の最新話を無料で読むには?!

『海神の花嫁』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

海神の花嫁・第10話の感想

稔が可哀想な回でした。
悪い子じゃないんだよね、朝和が悪いだけ(笑)

でも、なんか、うーん、難しい。
朝和はこの島が好きで、島を護りたいわけじゃないですか。
その島を好きになれたのはもちろん凪のおかげで。
だからそこ凪と、この島に固執してるわけで。

なのに稔は、この島に何もないからつまんない。
って言っちゃうし(笑)

そこの件に関しては、稔ももうちょい言葉選んで。
ってなりましたけどね( ̄  ̄)

で、もって往生際と諦めの悪い朝和。
全然、というかもうさらっさらも凪を忘れてません。
前回の前を向く発言は撤回していただきたい!!
なんだったら後退してるじゃないか!えぇ!?

朝和にはうじうじ系の重い男の称号を与えます。
次回こそはいろんな意味で精進してください。笑


error: Content is protected !!