ネタバレ・感想

カントリークラッシャー・第6話のネタバレと感想|めちゃコミック




めちゃコミックで掲載されている「カントリークラッシャー」第6話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!


カントリークラッシャー・第6話のネタバレ

夫以外の男の手に抱かれ―――。
夫以外の男の夫に身をゆだねている―――。

その間、夫を一番に愛する愛美の純粋な心は消え失せていました。

葵の普段の優しさと、女を口説くときの強引さのギャップは愛美は心を乱します。

 

事後―――。
愛美は、将生が地元に帰ってから変わってしまったことを葵へ打ち明けました。
男尊女卑が当たり前のことのように定着した義実家と町全体。
そしてそれに帰化していってしまう夫…。

愛美はこんな生活はもう限界だと叫びます。

しかし葵の口から放たれたのは慰めの言葉ではありませんでした。

“僕と君ももうシタし、これでおあいこだね。”

愛美は自分がしてしまった事の重大さに気が付き、深いため息をつきました。

葵はそんな愛美のことを真面目すぎると言います。
今のまま生きるなら、ただの都合のいい女止まりだと…。

模範的に生きるだけが女の人生ではない…欲望に抗わずに生きれば今度は愛美さんの番かもしれないよ?
自分の大切にしているものを壊されたのなら、同じように愛美さんも壊してしまえばいい…。

葵は愛美を誘惑します。

その言葉に愛美は自身の中の何かに気が付いてしまったようで―――?

 

翌日、家にもどった愛美。
将生に温泉に泊まっていたと話すと、彼は心配どころか謝りもせずに「そうか」の一言でこの件を終わらせようとしてしまいました。

イラ立ちを隠せない愛美でしたが、彼女はあえて自分の方から謝罪をすることにします。

将生は愛美の態度から許してもらえたと解釈しますが、そんなはずがあるわけもなく…。

 

愛美が義実家でお茶を頂いていると、義母が家で一人のときは何をしているのかと尋ねてきました。

愛美が占いが趣味だと答えると、義母と義姉はこの話題に興味を持ち始めます。

愛美は東京で人気だと言って占いのサイトを2人に紹介するのですが、彼女には何やら企みがあるようで…?



カントリークラッシャー・第6話の感想

将生って甘いというか…ちょっとバカというか…あんなことをしでかしておいて愛美がすぐに許してくれるわけ…あるわけないじゃないですか!
なんだか実家でどんなに甘やかされて育ってきたかが見て伺えますよね…。
それとももしかしてこの町では男が浮気するなんて割とポピュラーなことなんでしょうか?
夫婦間でも暗黙の了解で黙認されている…?
いやいやそんなまさか…時代錯誤も甚だしいですよねそんなの…。

それにしても愛美を不倫の道へ引きずり込んだ葵の腹の内が明らかにならなくてなんだかモヤモヤしっぱなしですね~。
なんだかただの下心だけではなさそうな気がします。
彼は一体何を企んでいるのでしょうか。

そういえば以前も将生の女を奪った的な話をしていましたよね…。
もしかして葵は将生に何かしらの恨みがあって、彼の女を寝取ることに生きがいを見出しているのでは…?

「カントリークラッシャー」はめちゃコミックで読むことが出来ます!
是非チェックしてみてくださいね!!

https://manganista.net/kanntori-kurassya-7/