LaLa

君は春に目を醒ます・第36話のネタバレと感想|LaLa10月号



2020年8月24日発売の「LaLa」10月号に掲載されている「君は春に目を醒ます」第36話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「君は春に目を醒ます」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

君は春に目を醒ます・第36話のネタバレ

自分の恋心を既に千遥に知られていた絃。

絃は教室に入るとバッグを持って今日は帰りますと言いました。
教室を出た後に追いかける千遥…

千遥は絃に今まで知らないフリをしていたことに謝ります。
怒るのも当然…そう思っていましたが、絃はまったく怒っていなかったのです

ただただ自分が恥ずかしいやつだと感じた絃…
絃は、むしろジンクス試そうとしていることに気づいていたなら困らせたよねと謝ります。

千遥は何かを言いたげでしたが、絃はうまく話せる気がしないと言って帰っていくのでした―――

 

一旦教室に戻る千遥。
樋口は青ざめながら心配していましたが、千遥は全部自分が招いたことだからと言うのでした。

―――千遥はベッドに頭をのせ、ぼーっとしていました。

遊園地もクリスマスも初詣も今までの思い出が今日に色褪せて偽物みたいに感じてしまう絃。

そのとき、千遥から電話が来ます。
少しだけ外に出てほしいというお願いを聞き、絃が外に出ると千遥は今日中に聞いてほしいことがあると言いました。

千遥は、後夜祭の時は絃にそんな風に想われているなんて夢にも思っていなかったと話します。

でも今はもう違うと…あれからずっと考えて自分も絃のことが好きだと言おうとした瞬間、「本当に?」と絃が遮ります。
傷つけたくないから、自分の気持ちに応えなくてはと思ったのだと感じた絃。

ずっとずっと自分の“お兄ちゃん”だった千遥…

そして千遥があげたネックレスを返すのでした―――

ネックレスをもらった時は期待していいのだと思っていた絃。
しかし自分への罪悪感があって、見方と変えようとがんばってくれたんだねと話します。

でもそんなの恋じゃない…

そう言って、絃は家に戻っていくのでした―――

 

―――翌日、いつもより早く登校した絃と弥太郎。

二人で化学室に行くとき弥太郎は、後夜祭のすぐ後に気づいた千遥を口止めしたのは自分だと言います。

絃は弥太郎も千遥も悪くないと言います。
悪いのは、千遥のことを信じられない自分…

そう思った瞬間涙が零れてしまいます。

それを見た弥太郎は思わず絃を抱きしめるのでした―――



 

君は春に目を醒ますの最新話を無料で読むには?!

『君は春に目を醒ます』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

君は春に目を醒ます・第36話の感想

せっかく両想いになれると思ったのですが…
千遥は本当に罪悪感などで絃の告白に応える感じなのでしょうか…
全然そんな風に見えませんよね(゚Д゚;)

後夜祭の時はまだ絃に気持ちがなかったとしても、それからどんどん意識することはありますもんね…
この後二人の関係はどのように変わるのでしょうか…
そして、泣いている絃を弥太郎が抱きしめますが…
ここで、もしかしたら弥太郎に寄り添ってしまうのかも―――!?