ネタバレ・感想

鬼神の贄嫁~婚前恋戯~・第6話のネタバレと感想|めちゃコミック



めちゃコミックで掲載されている「鬼神の贄嫁~婚前恋戯~」第6話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

ネタバレ
鬼神の贄嫁~婚前恋戯~ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】めちゃコミックで連載中の大人気コミック『鬼神の贄嫁~婚前恋戯~』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『鬼神の贄嫁~婚前恋...

鬼神の贄嫁~婚前恋戯~・第6話のネタバレ

このままだと後悔しちゃう…お願い、戻って…一生のお願い…深麓の本心に気がついた桃は、車を走らせる両親にそう頼み込みます。

お父さんは桃の望みを聞いてくれました…。

 

旅館へもどると桃は振り向くことなく一目散に旅館へと走ってゆきます。

しかし桃は旅館の人間たちに取り押さえられてしまいました。
彼らはすでに無関係となった桃を、おいそれと深麓に会わせることはできないと言うのです。

すると桃はめいいっぱい胸に息を吸い込んで、渾身の思いでキャー!!!と叫び声をあげます。

すぐに九が駆けつけてきました。
桃はその九の後ろに隠れます。

桃!?なに…しに戻ったんだ…!と慌てる九。

桃は答えます。
ちゃんとお話をするために来た、と…。

九は桃を怒鳴りつけ、話などない!と追い返そうとしますが…。

桃も簡単には引き下がりません。
何百年も生きてて私より大人のくせに怒鳴らないでよ!と屁理屈を捏ねて妙に強気な態度です。

九はいい加減にしろ…困らせるな…と呆れ顔。

桃は九になぜ自分を助けてくれるのかと問います。

よくわからないけどお前に泣かれると辛いんだ…と言う九。

桃は大声でわかんなくないじゃん…それが私の欲しい言葉なの!と怒鳴りました。

九は桃を真っ直ぐに見つめて、一言呟きます。

“あいしてる”

九は、桃のことを食うことなんてできないと言います。
ありのまま驚き、生きている!とばかりに主張する桃の姿が眩しすぎるというのです。
そう話す九は瞳から涙を零しています。

桃は、そんな九に、私は自分の意思でここへ戻ってきたと話し始めました。
贄の娘だからじゃない、九が本当に好きだから愛してもらうために戻ってきたのだと…。

 

 

その夜―――。
桃は九の腕に抱かれながら、永久とも思われる深麓の長い一生に思いを馳せていました。
彼にとって自分はほんの一粒の時間にしかならないかもしれない…それでもどうか私のこの命で、愛するこの人の飢えと命が満たされますように…これが今の桃の心からの願いです…。

 

 

しかしそんな桃の思いとは裏腹に、結局、九は自分の命ぐらいなんとかすると言って桃を喰いませんでした。

かわりに九はこんな言葉を送ります。

“おまえの愛を喰らって生きよう”

愛し合う2人が気持ちを一つにした瞬間でした。



鬼神の贄嫁~婚前恋戯~・第6話の感想

うーん…桃…お子様だなー!
なんかすごい子供っぽくてわかりやすくて素直ですよね!
いいキャラしてるなぁ~。
それにしても今だに自ら喰われてもいいって思っちゃってるみたいですけど、それって本当に暗示抜きなんですかね!?
そこがすごい気になります!
ストーリー的には桃の本心みたいな感じに描かれているんですけど…二人ってまだ出会って数日ですからねこれ!
それなのに命捧げちゃえるって相当なことだと思いますよ…。

そしてなんとなくですが、ラストのシーンがぽわわ~んと想像できちゃいました。
贄を喰うのをやめた深麓は、おそらくどんどん寿命が縮まってゆきます。
そこで桃と一緒に歳を重ねて人と同じ時間を共に歩む…的なラストシーン…しっくりきませんか?ただの憶測けどね!笑

少女漫画 ネタバレ
鬼神の贄嫁~婚前恋戯~第7話のネタバレと感想|めちゃコミック めちゃコミックで掲載されている「鬼神の贄嫁~婚前恋戯~」第7話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなってお...

「鬼神の贄嫁~婚前恋戯~」はめちゃコミックで読むことが出来ます!
是非チェックしてみてくださいね!!




コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。