ネタバレ・感想

鬼神の贄嫁~婚前恋戯~第9話のネタバレと感想|めちゃコミック




めちゃコミックで掲載されている「鬼神の贄嫁~婚前恋戯~」第9話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

ネタバレ
鬼神の贄嫁~婚前恋戯~ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】めちゃコミックで連載中の大人気コミック『鬼神の贄嫁~婚前恋戯~』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『鬼神の贄嫁~婚前恋...

鬼神の贄嫁~婚前恋戯~・9話のネタバレ

鬼神・深麓は夢を見ます。
勝山は神のいない地…秩序を作り、この地を治め、先の見えるその目でお導き下さい。私の命で永らえてください。勝山のお役に立ててください。…そんなことを言い、人々は自分に一族の守護を求めます。

そして自分のもとへ現れた桃。
初めて聞く”恋愛をしたい”という願いは、深麓の乾いた胸に水のように染み渡ったのでした。

 

目を覚ます深麓。目の前には桃がいます。

いい匂いがする、離れたくないと言う深麓に、桃は顔を赤らめます。
そんな二人のもとへ、深麓の従者たちがやってきて、桃を見送ることになりました。

玄関先へ到着すると、そこには勝山神社の山路という者が待ち構えていて、桃を預かりに来たと言います。
そして、桃にふさわしい指導をさせてほしいと願い出る山路。

 

それを遮るように、深麓家・青丹が面倒を見ると言います。
山路はひとまず引き下がり、鬼嫁の贄嫁たるべきを知りたい時にはいつでも来るようにと桃に言います。自分はもう贄の娘ではないのに…と不安な様子の桃。

別れ際、桃に両親へよろしく伝えてくれと言う深麓に、桃は無病息災のお守りとしてかんざしを渡します。
会えないときも一緒にいられるようにと言う桃を見て、深麓はにっこり微笑み、桃を見送るのでした。

 

桃が去ると、深麓はどこか体調が悪そうです。
心配する山路に嫌味を言う深麓。山路は全ては深麓のためにやっていることだと言って、桃を召さないなら親しい贄嫁を迎えるようお願いします。

それを聞いて、激怒する深麓。
強く握りしめる拳からは、血がしたたり落ちます。

徳高い行いは深麓の神格を高め、苦しみ・怒りは鬼の心で神格を奪ってしまう…なぜ贄を受けないのかと問う山路。

その言葉を受け流し、深麓はその場を立ち去ります。
部屋へ戻った深麓は鬼の姿に変容しています。

そして、桃がいないとまたこの地獄に戻っていくのだと苦しむのでした。



鬼神の贄嫁~婚前恋戯~・9話の感想

桃も深麓もお互いにどっぷりハマっていますね…でもそんな二人の関係性が深麓の身体を蝕んでいくなんて、悲しい運命です。
古くからの風習を尊重して、悲劇を回避しようと、勝山神社・山路は意を決して桃と話をしに来たのだと思います。

山路と話すときの深麓からは怒りが溢れていて、いつも桃に甘々な深麓とは別人でした。
そんな怖い深麓を知らないはずがないですもんね。そんな意を決した行動も、失敗に終わってしまいましたが…

さて、このまま二人が問題なく幸せになれるなんてことはなさそうですが、今後の展開はどうなっていくのでしょうか?
個人的には「決して結ばれることのない二人」のように見えてしまっていますが、二人が幸せになれる方法はあるのでしょうか?

https://manganista.net/kishinnnonieyome10/