ネタバレ・感想

キスより先に、始めます・最終回23話のネタバレと結末あらすじ|プレミアCheese!4月号





2021年3月5日発売の「プレミアCheese!」4月号に掲載されている「キスより先に、始めます」第23話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「キスより先に、始めます」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


キスより先に、始めます・第23話のネタバレ

いつもの大学構内。

桐島はサークル仲間と話をしている。
その中に、八重子の姿もある。

元気に明るく話す八重子を見ながら、桐島は思い返す。

あの模擬結婚式の日、八重子は急に倒れてしまった。
無事に意識を取り戻したものの、八重子は過去の記憶が消えていた。

自分が育児放棄されたこと、目の前に突然現れたヤエちゃんのこと、そして桐島と一緒にヤエちゃんを育てた大切な思い出すらも、八重子の記憶からは消えていたのだ。

八重子が過去のことに囚われることもなくなった、もう八重子が苦しまなくてすむ…。

あふれ出す涙を堪えながら、桐島は八重子を想って安堵した。

めめこ
めめこ
桐島がかわいそうすぎて…こんなタイミングで記憶を失ってしまった八重子を、桐島はどうしたってもう忘れられないと思います。八重子は桐島を思い出せるのでしょうか…。

そんなある日、街中で八重子が困っているところに遭遇した桐島。
漫画を描く道具が壊れてしまったそうだ。

新しいディスプレイを運んであげるために、久しぶりに八重子のアパートに来た桐島。

ヤエちゃんを育てていた日々を思い出した桐島は、また涙が流れてしまう。
そうとは知らない八重子は、変わらず漫画に対して熱い情熱を燃やしていた。

桐島は心の中で、もう一度八重子に恋をしようと思うのだった。

 

サークルの飲み会の帰り、桐島は八重子が落としたあるものに気づく。
それは2人でヤエちゃんのために作ったヘッドドレスの飾りだった…!

八重子はそれが赤ちゃんの頃からのお守りなのだと言う。
八重子の前でも泣いてしまいそうになった桐島は、急いで帰ろうとする。

その時、八重子が桐島を呼び止めた。

ある夢をみる…と話し出す八重子。
その夢の中では、桐島と一緒に赤ちゃんを育てていること。
キスもしていること。

桐島の目の前には奇跡のような希望の光があふれる。

変だと笑う八重子の両手を握りしめ、桐島はその夢が夢ではないことを口にする。

あの模擬結婚式の日。
八重子は神様と再会していた。

大丈夫だという言葉とともに、再び桐島のいる世界に戻される八重子。

頭の中には桐島との思い出が次々とあふれ出す。
大好きな桐島のことを絶対に覚えておく…八重子は強く強く思うのだった。

幼い八重子は、八重子を引き取った父母のもとで愛され、楽しそうに笑っている。

幸せになるように…と両親の願いが込められた言葉。

写真立てには、家族になった2人が幸せそうに微笑んで写っていた…。


 

『キスより先に、始めます』の最新話を無料で読むには?!

『キスより先に、始めます』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

キスより先に、始めます・第23話の感想

ついに最終回を迎えてしまいました…!
最終回を前に八重子が倒れてしまい、八重子の過去の話はどうなってしまうのだろうと思っていましたが、結果的にもう苦しまなくてすむことになってよかったです(T . T)
記憶は消えてしまっていましたが、どこかで桐島を覚えていたのですね。
ヤエちゃんを育てていた頃の思い出が、八重子の夢に現れたということで、桐島がその話を聞かされた時の顔が…。本当によかったね、と言いたくなるような顔をしていて感動的なシーンでした。
苦しい過去から解放された八重子に、無理やり自分とのことを思い出させることもしなかった桐島。
八重子のことが好きだけど、八重子を想うからこそ黙って見守るその姿勢に、桐島が健気だなぁ…と。
本当に愛しているからこそできることですよね。
最後のシーンは愛にあふれていて、本当に世の中が優しい愛でいっぱいになってくれるといいな、なんて思いました。
この終わり方になって本当によかったです!


error: Content is protected !!