ネタバレ・感想

クイーンズ・クオリティ・第64話のネタバレと感想|ベツコミ3月号




2020年12月13日発売の「ベツコミ」3月号に掲載されている「クイーンズ・クオリティ」第64話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「クイーンズ・クオリティ」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


クイーンズ・クオリティ・第64話のネタバレ

なんと玖太郎はあのわずかな時間で仲間全員を全員自分の贄に変えてしまっていました…!

朱雀門の戦闘員たちもこれには衝撃を受けます。
あの短時間で仲間全員を贄にするなど正気の沙汰ではありません。

実はこれはタカヤが進言してきた作戦でした。
常軌を逸したこの作戦…しかし今の玖太郎たちに必要なのは、朱雀の扉による「魂の拉致」攻撃に対抗する手段を得ることでした。

悪戯に飛び込んでアタルを助けられないばかりか、仲間を次々に拉致される事態は何としても避けなければなりません。

全員を贄にするこの作戦には、玄武のみならず青龍の藍丸までもが参加することとなります。
彼は“我が青龍が青龍であること…それを守れる自分であること…それが自分の願だ”と語り、そのため必要であるなら贄になることも覚悟の上だと玖太郎に申し出てきました。

藍丸は「己が最後まで己である」という玖太郎の願に賛同していたのです。

玖太郎は藍丸の気持ちを受け取り、彼を贄にするべく首元に噛みつきました。

贄にされた衝撃でヨロヨロになるタカヤ。
するとその脇には、看護師風の女性が立っており、まるで病院の受付案内のようなことを言い出します。
“玖太郎さま、うがいをすんだらお知らせください。次の方ご準備をー”

なんとそこには玖太郎の贄になるべく集まった人々の行列ができていたのです…!

その様はまるで予防接種を受けに来た人々のようで、贄化は実に機械的にスピーディーに行われていたのでした…。

贄として取り込まれた彼らですが、実は玖太郎が蛇に養分にするための贄ではないから、手を出さずに贄の皆を護るようにと言いつけてありました。

 

朱雀のイノウエは“全員を贄にするなどあまりにも愚かだ”と語ります。
しかし彼が能書きを足れている間に、玖太郎たちは容赦なく彼らの突破を計ってきました。

数人の戦闘員を残して玖太郎と文たちはアタルが捕らわれている場所を目指してひた走ります。

 

セイラは迫る玄武門の面々の気配を察し、苛立っていました。
柳の期待に答えるべく、贄たちを総動員させて玖太郎たちの行く手を阻もうとします。

この場所の突破のための道づくりを担うのは、青龍の藍丸隊です。

セイラが操る贄たちはアッという間に消し炭にされます。

さらに、彼女が呆気に取られている間になんと早くも玖太郎が部屋内に侵入し、アタルに待たせてごめんと声をかけていました。

しかしアタルの命はすでに尽きかけており…もう長くはありません。

セイラはその様をあざけるようにして笑いますが、文が彼女を引っ掴んで扉を使ってどこかへと連れ去ってしまいました。

玖太郎は瀕死のアタルを救うべく、彼に自分の贄になれと優しく告げます―――。



 

『クイーンズ・クオリティ』の最新話を無料で読むには?!

『クイーンズ・クオリティ』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

クイーンズ・クオリティ・第64話の感想

全員を贄にする…本当に考えもつかない作戦ですよね。
文を贄にしたときはあんなにたっぷりページ使ったのに…今回は何十人分もの贄化がたった2ページくらいに収まっていましたよ…(笑)
予防接種みたいに玖太郎に並んでいたあの様はもう笑うしかないですよね~( ´艸`)
贄にされる皆は同意書まで欠かされていましたしね!

でもそんな中でも玖太郎は贄になるひとりひとりの贄になる覚悟や気持ちをきちんと聞いやっていたみたいです。
そのため作業的な贄化の儀式でしたが、全員を贄にするのに半日かかったのだそうな。
まぁ贄になるということがどれほど重いことかを一番よく知っている玖太郎だからこそ、皆にちゃんと配慮してやろうと考えたのでしょうね。

ところで…文はセイラを一体どこに連れて行ったんですかね?
鬼の形相でセイラを引っ掴んでいたので…彼女がこの後痛い目を見るのは言わずもがなですね…。



error: Content is protected !!