&フラワー

茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷・第5話のネタバレと感想|&フラワー




「&フラワー」に掲載されている「茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷」第5話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

少女漫画 ネタバレ
茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】『&フラワー』で連載中の大人気コミック『茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『茉莉花ちゃん...

茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷・第5話のネタバレ

結局ユウの愛撫で茉莉花は再び気を失ってしまいました。

スースーと寝息を立てて眠る茉莉花を見下ろしながら、ユウは過去を振り返っています。

 

茉莉花とユウが出会ったのは12年前のこと―――。
当時中学生だったユウに対し、茉莉花はまだ8歳。
二人は6つも離れていました。

しかしユウが少しあやしただけで茉莉花はすぐに彼に懐いてきます。

本物の兄弟以上に仲良しになった二人。
しかし、しだいにユウは茉莉花に対して妹に対する“好き”とは違う意味の好意を抱く自分に気が付いていき…。

そんな中、ユウの学校の先生が生徒と交際していたという事件が起こりました。
年齢的に淫行罪にあたるため、先生はそのまま逮捕されてしまいます。

二人の年齢差は6歳差…それはユウと茉莉花の歳の差と同じでした…。

自分の恋心が犯罪にあたるのかという罪悪感が芽生えてしまったユウは、しだいに茉莉花を避けるようになっていったのです…。

めめこ
めめこ
ユウが茉莉花を好きになることを律しようとしている理由がこれでわかりました!
彼は二人が6歳も年齢差があることを気にし、茉莉花に思いを伝えることも、誰かにこのことを相談することもできずに、ずっと一人で悩み続けてきたのです。

茉莉花を狙っている男を牽制したことだって何度もありました。
そんなことをしていては茉莉花がまともな恋愛をする機会すら奪っていることにもなります。
それは彼女の幸せとは直結しません…。

頭ではわかっていても衝動を抑えられないユウ。
彼は、茉莉花から離れたいという気持ちと、自分の恋心を打ち明けてしまいたいという気持ちの葛藤に苦しんでいました。

そして、彼は行動に移してしまいます。

自分の母親が茉莉花を家に招いたことを二階の窓から見ていたユウは…「茉莉花を好きだという気持ちを知らせる」ことと「茉莉花から嫌われてこれで彼女への思いを最後にする」事を同時に実行しようとしたのです。

それが、茉莉花自身に、彼女を思いながら行為に及ぶ自分を見せつけることだったのでした―――。




 

『茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷』の最新話を無料で読むには?!

『茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
ebookjapan無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷・第5話の感想

ユウの気持ちが全て明らかになりましたね…。
切ない気持ちで胸が締め付けられます…涙が止まりません…。
ユウってば何て健気なんでしょうか。

彼は今も昔も狂おしいほどに茉莉花のことを愛しています。
しかし自分が彼女を愛すること自体が罪だと思い込んでいるようです。

彼が涙を流した理由…それは、自分の絵を褒めてくれる彼女の純粋さを目の当たりにして、やっぱり年下の茉莉花は汚しちゃいけない存在なんだと再認識したからなのだそうです。

それと同時に取り返しが付かないほどに汚してしまいたいという独占欲も掻き立てられてしまったユウ…。

彼は茉莉花を「大切にしたい気持ち」と「自分のものにしてめちゃくちゃにしてしまいたい」気持ちの狭間で揺れています…。

いっそ嫌われたい…そう願っても、口をついて出てくる言葉は「嫌いにならないでくれ」という言葉でした…。

https://manganista.net/marikatyanntoyasasiikoinodorei6/