ネタバレ・感想

みらいのダンナさま・第25話のネタバレと感想|ベツコミ3月号




2020年12月13日発売の「ベツコミ」3月号に掲載されている「みらいのダンナさま」第25話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「みらいのダンナさま」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


みらいのダンナさま・第25話のネタバレ

“どうしてもみらいが好きな自分はどうしたらいい”
そう言いながらみらいの前で泣き出す歩。

みらいは呆然としていました。
頭の中は真っ白で、何も答えてあげることができません。

ただその瞳には今にも零れ落ちそうなほど涙がいっぱいに溜まっていました。

 

その夜―――。
ベッドにうずくまって考えこむみらい。

これまで歩の気持ちがこんなにも強いものだったとは気付きもしませんでした。
歩に心が揺れてしまったというのが正直なところです。

頭の中に流れてくるのは、あの占い師が放った「歩こそが間違いなく運命のひと」という言葉でした。

占いの言葉に囚われているつもりが自分にはなくても…歩の熱い思いに触れていくうちに少しずつ彼のまっすぐな想いに抗えなくなっていくのかもしれない…そうして自分の気持ちは章臣から離れていってしまうのかも…みらいはそんなことを考えています。

そんなネガティブな考えを振り払うかのように頭をブンブン振るみらい。

そもそも「運命の人」とは一体どういう意味なんだろう?
結婚するかもしれないから運命の人なのか…。

そんな疑問が頭をよぎりますが、高校生のみらいには結婚の話などまだまだ実感もわかないし現実的でもありません。

考えあぐねてしまったみらいは、とにかく運命なんて全部自分の手で覆してみせる!と意気込み、今自分にできることは何かを考えます。

 

翌日―――。
学校で章臣のクラスを尋ねるみらい。
しかしタイミングが悪く彼に会うことはできませんでした。

章臣に会って安心したい…みらいはそう思いながら、切なげに遠くを歩く章臣の姿を見ています。

一方で章臣のほうも、暇さえあればみらいのことを目で追っていました。
一日一回は学校にきていることを確認しておかないと何だか落ち着かないのです。

友人からはいい加減元にもどればいいのにと言われてしまい、章臣自身も確かにそうだと感じている模様です。

 

みらいは章臣に会いたい気持ちを伝えるべく、落ち着いた気持ちでメッセージを送るために空き教室へとやってきました。

しかしなんとみらいが一人で空き教室へ入っていくのを目撃した章臣は、彼女の後を追って教室へと入ってきたのです。

突然のことで最初は呆然としてしまうみらい。
しかし章臣に一人でこんなところに入って何してるんだ?と聞かれたため、章臣くんに会いたくて…と気持ちを言葉に出した瞬間、みらいの瞳には涙がいっぱいに溜まってゆきます。

互いに会いたくて会いたくて仕方がなかった…2人の気持ちはずっと一緒だったのです。

2人は抱きしめ合います。

授業が始まるチャイムが鳴りますが、2人は一緒に授業をサボることに…。

 

離れていた期間のことを話し合う2人。
どうやら距離をおいたおかげで、2人は違いの存在が自分にとっていかに大切であるかを実感したようです。

これで前みたいに一緒にいられる…!
みらいはそう考えるのですが…。

なんと章臣は卒業後は京都へ生活して本格的に建築物の歴史などを勉強したいと言い出したのです…。

みらいはショックでした。
口をついて出てきた言葉は“章臣くんまでまた離れて言っちゃうの…?”という言葉です。
思い起こされるのは先日の母親の言葉でした。

 

(回想シーン)
ある日のこと…ベッドの中にもぐりこみながら憂鬱な気分でいたみらい。

そんな最中、母親から電話がかかってきました。
母親はどうも精神的に憔悴しているらしく…電話に出たそうそう唐突に謝ってきました。
母親は自分はもう頑張れない…お父さんと距離をおけば上手くいくと思っていたけど苦しくなるばかり…だからお父さんとは離婚しようと思っていると告げてきました。

母親は自分とお父さんは運命の人ではなかったと言い出します。

その言葉に、みらいは大きなショックを受けていたのでした…。
(回想おわり)

 

章臣からの京都行の話もみらいの心に耐えがたい衝撃を与えます。

章臣も母親も…「ずっと一緒」「世界でいちばんみらいが大事」「絶対に迎えに行く」などと甘い言葉を吐いておきながら、結局はみらいを置いてきぼりにして離れて行ってしまいます。

みらいは章臣に、うそつきと一言言い放って教室から走り去っていったのでした―――。



 

『みらいのダンナさま』の最新話を無料で読むには?!

『みらいのダンナさま』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

みらいのダンナさま・第25話の感想

みらいの心は崩壊寸前です。
彼女的には大事な人には常に傍にいてほしいという感情が大前提であるんでしょうね。

ですがおそらく章臣からしたら、京都に言っても遠距離恋愛でやっていける!的なところがあるのではないでしょうか。
そのためにあえて距離を置いて「離れていても、会えなくても…自分とみらいの気持ちがずっと変わらないかどうか」を確かめたのでは?
いわば練習期間的な感じで…。
離れていても2人の気持ちが変わらなかったため、章臣は「そろそろかな」と踏んでみらいに自分の進路と気持ちを打ち明けたのだと思います。

でもこれって章臣が勝手に「よっしゃ!離れてても大丈夫!」って実感してるだけで、みらいからしたら訳が分からないですよね。
章臣もちょっと言葉足らずなところがあるので、やっぱりもっとちゃんと話し合った方がいいなと思いました。

でも個人的には…みらいと歩にくっついてほしいのでこの展開には思わずガッツポーズしちゃいましたけどね(笑)


error: Content is protected !!