ネタバレ・感想

ミステリと言う勿れ・30話(ep14-2)のネタバレ【9巻】と感想|月間フラワーズ6月号


 
 

2021年5月28日発売の「月間フラワーズ」6月号に掲載されている「ミステリと言う勿れ」第30話(エピソード14-2)のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「ミステリと言う勿れ」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
ミステリと言う勿れ・ネタバレ全話全巻まとめ【最新話から最終回の結末まで】月刊フラワーズで連載中の大人気コミック『ミステリと言う勿れ』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『ミステリと言う勿れ』の...

ミステリと言う勿れ・第30話のネタバレ

整の家を訪れた青砥。
世間話をする整に、なぜ池本に誘拐事件の有無を聞いたのかを青砥は率直に尋ねます。

整は正直に今朝見た人の状態や自分が話したことの全てを青砥に答えるのです。

整は気付いていました。
そのボストンバッグを持っていた人が「鍵山事件」の容疑者、小諸だったこと、そしてその事件に青砥が関わっていたことに…。

 

容疑者に会った整に慌てる青砥、薄々勘付いていた整ですが、青砥に何かあったのか聞きます。青砥は娘が拉致された。と白状するのです。

整は青砥の残したボイスメモを聞き、ここも見張られている可能性があるとカモフラージュのためテレビの音量を大きくします。

 

青砥への要求は井口竜樹という子どもの誘拐。
小諸の娘は10歳であると聞いた整、もしあのバッグの中身が子どもだとしたら、そして自分の子どもを守るために別の子どもを誘拐していた可能性がある。と考えるのです。

 

青砥に協力誘拐を頼む。という提案もしますが、青砥は人として絶対にしない。と断言します。
小諸はそんな人には見えなかった。という整に小諸は簡単に嘘をつく。と断定する青砥。

 

拉致が開かないので、元奥さんに友香のGPSを確認してもらうことにしました。GPSは友人の家から動いていないようで、現場に向かおうとしたところニュースが流れます。

土砂崩れの中から見つかった遺体が全員10歳前後の子どもだったのです…。

拉致現場であるコンビニの近くで無造作に捨てられた携帯。次の手がかりを探すために井口竜樹の元に行く際、整は鍵山事件について詳しく聞くことになります。

 

 

8年前、3人の小さい女児が連続して殺害されました。証拠は何も残っておらず、小児性愛の傾向があるとして挙がったのが小諸だったのです。

小諸は白を切り、週刊誌の久我山は警察の無能さを叩きました。
しかし証拠から小諸の指紋が出てき、家宅捜査に入ったところ、ありとあらゆる証拠が揃っていたのです。
もちろんその捜査情報も久我山はリークしました。

 

そのまま小諸を逮捕しましたが、初公判で無罪を主張し、青砥を悪者にしたてあげたのです。結果小諸は無罪を勝ち取り、青砥は左遷することになりました。

今でも小諸が犯人だと思っている青砥、そして支店長と小諸は仲間かもしれない、恨んでいるのは間違いなく自分自身だ。と断言します。

井口家につきました。雨が降っていて、人気のない家を見ながら友香がいなくなってしまったら死んでしまいそうな青砥、そんな青砥を整は車に戻らせます。

 

 

翌朝、一昨日から井口家が旅行に行っていると聞かされた2人。大きい荷物をもってでかけたようです。

そして支店長らしき人から電話がかかってきました…

 

『ミステリと言う勿れ』の最新話を無料で読むには?!

『ミステリと言う勿れ』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

ミステリと言う勿れ・第30話の感想

こんなに綺麗に心理描写が描かれていて、攻防戦や心理戦も描かれているのに、ほんとに読み応えがめっちゃあるんですよ。

1ページぐらい青砥の心理的な部分にがっつり触れているのですが、それでも今回も読了間が凄く、次が気になって気になってしかたなくなります。

元々推理ものは完結してから読みたい派なんですよ(笑)先が気になるんで(笑)

それでもコレに関しては毎月平行して読みたくなるんです。一緒にその場で見ているかのような、がっつり入っていくような感じがします。

読みながらいつも鳥肌が立ったりするんです。

青砥も1人の人間だなーと思いました。弱い部分、今回はでてきましたね。

はやく友香ちゃんを見つけて真犯人を探し出してくれたらなぁ。と思います。


error: Content is protected !!