MENU
    ネタバレ・感想

    恋愛不感症・第77話のネタバレと感想|めちゃコミック



    「めちゃコミック」に掲載されている「恋愛不感症」第77話のネタバレと感想です。

    文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

    絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「恋愛不感症」の最新話が無料で読めちゃいます!

    無料でU-NEXTで読む
    >>U-NEXTはこちら<<
    31日以内の解約で完全無料!

    ネタバレ
    恋愛不感症・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】めちゃコミックで連載中の大人気コミック『恋愛不感症-ホントはもっと感じたい-』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『恋愛...

    恋愛不感症・第77話のネタバレ

    浅倉のズボンを脱がす朱里。
    その上に跨って、激しくキスをし始めます。

    浅倉が朱里の身体に触ろうとしますが、朱里はそれを制止。
    課長は何もしなくていいです…そう言って浅倉を責め続けました。

    めめこ
    めめこ
    いつになくめちゃくちゃ大胆な朱里です!
    浅倉もちょっぴりどぎまぎしている様子…!?

     

    朱里は自分の中に浅倉を迎えようとします…。
    しかし避妊用具を何もつけずに入れようとする朱里。

    浅倉は止めようとしますが、朱里はそれを聞かずに奥まで浅倉自身を迎え入れてしまい…。
    欲望に身を任せて激しく腰を振り始めました。

    想像を上回る快楽にもはや止まることができなくなってしまった朱里。

    しかし、激しく動きすぎて途中で抜けてしまいます。
    その拍子に朱里の身体が浅倉の大事な部分の上に圧し掛かってしまって…!

     

    しばらくして―――。
    浅倉のソレは何とか無事なようでした。
    朱里は何度も何度も謝っています。

    そして自分にはこれくらいしかできなかったのに…と言って悩みを吐露し始めました。
    仕事も目的や信念があるわけでもない。
    プライベートでは経験不足で先ほどのように失敗ばかり。
    自分には、何もない…そういって落ち込む朱里…。

    そんな朱里に対して、浅倉は弟のために学費を稼ごうと頑張るのだって立派な目的だと諭してくれます。

    さらに、今はちゃんとした彼女でもあるのだから、以前のように自分を身体だけの女みたいな言い方をするなと告げました。

    朱里は浅倉の言葉で我へと帰ります。
    美咲と自分を比較すればするほどに失っていってしまった「仕事の自信」と「彼女としての自信」。

    いつか浅倉が自分よりも美咲のほうへ行ってしまうのではないかという焦燥感と嫉妬心に朱里は支配されていました。
    美咲に対抗しようとしてしまっていた自分の行動を顧みて、朱里は猛省します。

    いつか浅倉が美咲を選ぶのではないかと不安になっていたという話を聞いて、浅倉は思わず吹き出してしまいました。

    その笑いはまるで「そんなわけないだろ」と言っているような笑いでした。



     

    恋愛不感症の最新話を無料で読むには?!

    『恋愛不感症』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

    多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

    無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

    31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
    31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
    31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
    無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
    無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
    めめこ
    めめこ
    ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

    恋愛不感症・第77話の感想

    浅倉を攻め続ける朱里…とても色っぽかったです!
    いつもとは違う朱里の雰囲気に、浅倉もきっとドキドキしっぱなしでした!
    経験不足のせいで途中で中断になってしまったものの…もし最後までいっていたら、これまで攻め役ばかりだった浅倉にきっと別の性癖が開花していたに違いないと思います。
    惜しかったですね!責められる浅倉もなかなかに見物だったので!

    朱里は自らの醜い嫉妬心を浅倉に吐露することとなりました。
    しかし浅倉からするとそれは噴き出すレベルでお門違いな悩みだったようですね。
    最後の笑いには「美咲のほうがいいと思うことなんて絶対ない」という意味が込められていると思います。
    それだけ浅倉にとって朱里は唯一無二の存在なのだな~と改めて思いました。

    少女漫画 ネタバレ
    恋愛不感症・第78話のネタバレと感想|めちゃコミック 「めちゃコミック」に掲載されている「恋愛不感症」第78話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっております...



    コメントを残す

    メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。