ネタバレ・感想

リターンある外科医の逆襲・第99話のネタバレと感想|ピッコマ

「ピッコマ」に掲載されている「リターンある外科医の逆襲」第99話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

リターンある外科医の逆襲・第99話のネタバレ

ついに本格的にニューヨークでの暮らしが始まった五十嵐。

セントジョセフ病院に挨拶に行ったはいいのですが…医院長は狸親父で五十嵐を試そうとしている上に、同郷の日本人教授はどうやら五十嵐のことを鼻から気に入らない様子だし、上司からは仕事を任せてもらえず、それどころかあからさまな人種差別を受けます…。

初っ端から一波乱も二波乱もありそうなニューヨークでの生活…!
果たして五十嵐はこの苦境をどう乗り切るのでしょうか…!?

 

 

チーフのマイケルは一週間経っても五十嵐にまともなしじを出そうとしませんでした。
どうやら彼は五十嵐の医師としての腕そのものを疑っているようなのです。

日本とアメリカでは治療費に大きな格差があります。
医療保険のある日本では患者の負担額がアメリカよりも圧倒的に少ないため、そもそもの患者が多いのです。

そのため医師としての経験や執刀実績は、絶対にマイケルよりも五十嵐の方が豊富なはずでした。

にもかかわらず、マイケルは五十嵐のことを認めようとはしません。
彼をチームから疎外し、来年にはここセントジョゼフ病院に五十嵐の場所を失くしてやろうと目論んでいました。

東洋人教授である広重はこの展開をすでに読んでいたようです。
おそらく彼もどうせ五十嵐はすぐ消えるだろうと考え冷たい態度をとっていたのでしょう。

仕事を任せてもらえない五十嵐…。
しかしこれは逆に、五十嵐に一日中自分の研究と論文に没頭できる時間を与えているも同義でした。
五十嵐は「やってやろう」という反骨心を原動力に、論文を書き続けます。

 

そうして数カ月たった頃…。
なんと五十嵐の論文は学会から高く評価され、問い合わせの嵐に!

彼の脱落を確信していたマイケルは目の前で起こる現実を受け止められませんでした。

大事件とも呼べるこの件は、これから始まる五十嵐の伝説のほんの序幕にしか過ぎないのでした―――。

 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

リターンある外科医の逆襲・第99話の感想

恐ろしく芯の強い五十嵐の快挙!見事と言わざるを得ません!
見事自分を除け者にする既存の教授たちに一泡吹かせることに成功しました!
この論文をきっかけに教授やレジデントたちの中には五十嵐の側につく者も現れるかもしれませんね!

一年後には五十嵐のほうがマイケルの上司になっていたりして…!

それにしても医者っていうのは本当に大変だなとつくづく思います。
患者を助けたい…ただその思いだけでは全うできない仕事です。
だって同じ志を持つはずの医師たちからこんなにも反発されるくらいなんですから…。

並外れた精神力が備わっていないと無理ですよね~…。

マンガ ネタバレ
リターンある外科医の逆襲・第100話のネタバレと感想|ピッコマ「ピッコマ」に掲載されている「リターンある外科医の逆襲」第100話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが、ネ...
error: Content is protected !!