ネタバレ・感想

捨てられた妻に新しい夫ができました・第15話のネタバレと感想|comico

「comico」に掲載されている「捨てられた妻に新しい夫ができました」第15話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

捨てられた妻に新しい夫ができました・第15話のネタバレ

キャサリンを怒鳴った父。
そんな父に自分は間違ったことはしていない。相手は平民だから。とキャサリンは主張しています。

しかし平民だったとしても今は公爵夫人であり、キャサリンより立場は完全に上なのです。そのためにキャサリンを行かせたわけではない。と怒りの収まらない父に対し、反省しないキャサリン。

侯爵が全てのキャサリンの言動を手紙で送付してき、侮辱罪で対処し、取引まで中止されそうなことに父はとにかく怒っています。

 

怒る父に対し、なぜクロエのご機嫌を取らねばならないのか。と涙を流すキャサリン。クロエの味方をしている。と怒るキャサリンに、間違ったことを正している。と説明しました。そしてキャサリンに外出禁止令を出すのです。

キャサリンを行かせたことは過ちだったのか。と落ち込む父。侯爵からの手紙には事細かにキャサリンの無礼が書かれていました。自分が甘やかしたからか。と頭を抱えてます。

一方でキャサリンはまだ怒りが収まらず、クロエに対しての憎しみが止まりません。許せない。キャサリンはクロエにどんな手段を使ってでも復讐をすることを誓うのでした…。

 

⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼

一方、クロエは夫婦ならそういう行為をするのかもしれない。と考えています。

しかし彼女は自分の血筋を半分引くであろう子どもがちゃんと扱って貰えるか不安な上に、行為が苦痛で苦手だと思ってしまいます。

 

しかしアッシュとなら…。そう考えた後、ブリニクルの家門について自分はまだあまり詳しく知らない。と思い、図書館に向かうのでした。

思った以上に古い歴史を持つ家門、クロエは私がここの侯爵夫人なんだ。と心の中で呟いていました。

 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

捨てられた妻に新しい夫ができました・第15話の感想

クロエーーー!可愛いーーー!って思っているんですけど、まじでキャサリンが心配ですね。私は結構みんながどんな感想持っているのかな。ってコメントを読むのが大好きなんですが、今回は中々面白かったです。

キャサリンってピンク色の髪の毛の女性なんですが、みんなピンク色の頭の女性だいたい性悪って書いていて笑っちゃいました。確かに今平行して色々な漫画を読んでいるのですが、悪役はピンク色の髪の毛をしていた感じがします。みなさんよく見てますね(笑)

さぁ、クロエの不安をしっかりとアッシュはほどくことが出来るのでしょうか。まぁ絶対大丈夫だと思うけどねー!どっちかというと2人の心配より、キャサリンが嫌だわ。邪魔せんでね…。

 

マンガ ネタバレ
捨てられた妻に新しい夫ができました・第16話のネタバレと感想|comico「comico」に掲載されている「捨てられた妻に新しい夫ができました」第16話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなってお...
error: Content is protected !!