ネタバレ・感想

捨てられた妻に新しい夫ができました・第16話のネタバレと感想|comico

「comico」に掲載されている「捨てられた妻に新しい夫ができました」第16話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

捨てられた妻に新しい夫ができました・第16話のネタバレ

思ったよりも長い時間本を読んでいたクロエ。美しい庭園を歩きながら、大きな森に囲まれているから小さな村みたいに思える。とクロエは心の中で呟きました。

初代皇帝の弟が建国当時から作った家門。とても立派な家門です。そんな思いをクロエは侍女に尋ねました。

主人が優秀だから、ここで働きたいと思う人が多いこと。皇帝陛下が欲しがるほど優秀な人材がいること。アシリアは皇室でのスカウトを受けたほどの逸材です。しかしアシリアは主人の優秀さとここの仕事が好きだと断ったようです。

ブリニクル公爵家では皇室の血が濃いため、下級貴族が多く働いてたと本で書かれていた。とクロエは尋ねましたが、自分は平民である。と侍女は返しました。以前はそういう制度もあった。と聞かされ、クロエはもうその制度はないのか。と聞きます。

主人が型破りすぎたため…。そう答えた侍女にクロエはやはりアッシュは変わっている。と思うのでした。

歩いている途中にクロエは絶対入ってはいけない。と言われた部屋を見つけました。すると後ろからアッシュの声がしたのです。クロエを探していた様子でした。

昼間に見かけることもなく、キャサリンの時も帰宅が早かったのは偶然なのか。そう思ったクロエに対し、アッシュは笑顔で少し散歩をしよう。とクロエを誘うのです。

初めて見た庭園に連れてこられたクロエはアッシュから、嫌なことがあると近くのここに逃げ出し、誰かに見つけてもらうように仕向けた。とだからここが好きだ。とアッシュは言いました。

するとクロエは小さいころ短期間一緒に住んだ2歳年上の女の子を思い出すのです。なぜその子とアッシュを重ねてしまうのだろう。そう考えたクロエ。

突然アッシュは跪いてクロエに婚約指輪を差し出し、改めてプロポーズするのでした。

 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

捨てられた妻に新しい夫ができました・第16話の感想

ほんとにクロエは心の中の語りが多い(笑)
こういうのって偏見かもしれませんが、アッシュの方が物静かでそれをクロエが懐柔していったみたいな物語ならよくありませんか?いや、まさに今までみてきたのがそういうのだったんです。

しかしこの漫画に関してはほんとにアッシュがよくしゃべる。素晴らしいぐらいに綺麗な言葉で喋るんですよ。さすが。って思うと同時になんだこのイケメン。って私も心の中でクロエと同じぐらい喋っています(*’ω’*)

これだけ愛を伝えていてもらって不安になっているのはまじでクロエぐらい。ちょうかっこいい。もっともっと愛されて幸せになって貰いたいですね。

秘密部屋にアッシュの幼いころの秘密が隠されてるのかな!ドキドキ!

マンガ ネタバレ
捨てられた妻に新しい夫ができました・第17話のネタバレと感想|comico「comico」に掲載されている「捨てられた妻に新しい夫ができました」第17話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなってお...
error: Content is protected !!