ネタバレ・感想

高嶺と花・第95話のネタバレと感想|花とゆめ6号



2020年2月20日発売の「花とゆめ」6号に掲載されている「高嶺と花」第95話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「高嶺と花」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

最新話ネタバレ
高嶺と花・第94話のネタバレ|会長に交際を打ち明ける花と高嶺は…花とゆめ4号に掲載されている「高嶺の花」の最新94話のネタバレ・感想をまとめました。 お見合いはついに決戦の時を迎えます…! ...

 


高嶺と花・第95話のネタバレ

お見合いの真実を明かして、真剣交際を公認してもらった花たち!

気分が高揚していつものご飯もやたらと美味しく感じてしまいます!

高嶺もワクワクが止まらない様子で、スキーウェアをバッチリ着込んで唐突に花をスキーに誘ってきました。

もう思い悩むことも不安がることもないのです。

今回はパーッ!っとスキーを楽しむことになりました。

ほんわかとスキーを楽しむ花と高嶺。

しかし仲良くリフトに乗っていると、高嶺のスマホが鳴ります。

相手はどうやら会長のようです!

会長は、昨日の婚姻届を役所に届けてくると言い出しました。

めめこ
めめこ
真剣交際を証明するべく、花が用意していたあの婚姻届ですね!そういえば会長が持って帰ってしまっていたんでしたね…!

焦る花と高嶺!

しかし会長は冷静です。

籍を入れてさえしまえば、花との関係で周りに足をすくわれる事もなくなり、会長自身も見方をしてやりやすくなるといいます。

どうやらただの冷やかしで婚姻届を出しにいくといっているわけではないようです。

めめこ
めめこ
会長っておそらく物語の中で一番のご高齢にして一番のキレ者ですよね…w抜け目がないというかw

焦る高嶺に対し、花は婚姻届を出してもらっても構わないといった姿勢です。

高嶺的にはプロポーズをしてから籍を入れたかったらしくどうにも腑に落ちない様子。

そこで花はあらたまって高嶺に結婚を申し入れます。

めめこ
めめこ
いやいやいやいやそっちじゃないw

プロポーズと言えば、一世一代の男の見せ場です。

その機会を削がれてしまい高嶺は完璧に落ち込みモードへ。

花が高嶺に謝ろうとすると、上から滑ってきた人に巻き込まれて花が斜面の下へと転がり落ちてしまいます。

花は斜面の下で止まることができたのですが、追ってきた高嶺が崖から転落しかけてしまいます。

そして高嶺はその勢いで花に絶叫告白!

周りもぎょっとするほどの大声で愛を叫びました。

そして崖から落ちていったのですが…。

その崖というのが高さ3メートルもない小さな崖で…笑

赤面する高嶺…とっても不恰好なプロポーズになってしまいましたが、花的にはどんな形であれ嬉しかった様子です。

花はそのプロポーズに「はい」と返事をします。

こうして2人は、夫婦となったのでした。



 

高嶺と花の最新話を無料で読むには?!

『高嶺と花』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

高嶺と花・第95話の感想

カミングアウトからの結婚までの流れがまさか1話で締結するとは思ってみませんでした!
前のように他からの茶々が入るのかと思っていたんですが…。
あんがいすんなり出来ちゃうものなんですね~これも会長の力のおかげってことなんでしょうかね!
それにしても良かった良かった♪

さて、2人はこのまま平穏な新婚生活を始めることができるのでしょうか?
それともその前に結婚式ですかね!?
何にせよラブラブ生活の始まりです!楽しみですね~♪

少女漫画 ネタバレ
高嶺と花・第96話のネタバレと感想|花とゆめ7号 2020年3月5日発売の「花とゆめ」7号に掲載されている「高嶺と花」第96話のネタバレと感想です。 文字のみのあら...

https://manganista.net/takanetohana-book/