ネタバレ・感想

転移性恋愛~精神科医のタブー~第12話のネタバレと感想|めちゃコミック


めっちゃコミックで連載中の「転移性恋愛~精神科医のタブー~」第12話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

ネタバレ
転移性恋愛・精神科医のタブー・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】めちゃコミックで連載中の大人気コミック『転移性恋愛~精神科医のタブー~』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『転移性恋愛...

転移性恋愛~精神科医のタブー~第12話のネタバレ

場面は、はじめて司と優佳が出会った日。
優佳に「フリでしょ」と言われ、司はたじろいでしまいます。

どうしてフリであることがばれたのだろう…。

司は動揺したまま喫茶店に戻ると、母親に顔色が悪いと言われます。
司が笑っているからお母さんは生きていけるの。笑って。そう言われて司はいつものように笑顔を作りますが上手く行きません。

もっと完璧に父親のフリをしてなりきらなければ…。
…自分は一体誰なのだろう…。

司がそう思えば思うほど「父親のフリ」が上手く行かなくなってしまいます。

しまいには仕事に支障をきたすレベルで精神的にも不安定に。調子が戻らない司を気にする母親。

 

 

ある日、この頃何か変よと母親に言われますが、司は笑わずに「いや…」というだけ。

そんな“父親の面影が無くなってしまった”司の様子を見て母親は取り乱します。

「違う!!」

めめこ
めめこ
母親は父親が亡くなってから、司と父親を重ねていて、精神的にもおかしくなっていたようです。

 

 

取り乱した母親を見て、明日はしっかり父親のフリを完璧にしよう…。

そう思た矢先、母親は遺書を残して自殺してしまったのです。
きっと、父親のフリが出来なくなった司を見て、父親のいない現実を受け入れてしまったのでしょう。

 

 

そんな司の過去を聞いた優佳。

…私の何気ない「フリですね」と言った一言で、司の家族を壊してしまったの…?!
優佳は内心驚きを隠せないでいましたが、それを知らない司は自分が母親を壊したと責めます。

優佳は、自分も幼い時から、愛されたいがために両親の前ではいい子を演じていたと話し、司を落ち着かせます。

そして、自分が司の家族を壊してしまった責任感を感じ、私が司を守らなければと強く思うのでした。

 

 

翌朝、目覚めると司が豪華な朝食を作ってくれていました。

家にあった食材だけで素敵な朝食を作ってもらい優佳は感激。

めめこ
めめこ
そういえば司は喫茶店のオーナー。料理はお手の物ですね!

 

 

そして、優佳と司はそろって出勤。

しかし、その光景を物陰から隠れて写真を撮る人物が…。
その人物は撮れた写真を誰かに送信します…。



転移性恋愛~精神科医のタブー~第12話の感想

父親が亡くなって精神的に終わっていた母親を元気づけるために、生前の父親のフリをして生活していた司。
しかし、優佳が言った何気ない一言で全て崩壊してしまいました…。

優佳も故意的に言ったわけではなく、会話の流れで言っただけなのに間接的に人が死んでしまい、相当なショックだと思います。
しかも、真面目な性格であるので、責任感を感じているでしょうね…。

医者が患者を自宅に泊めるって本来ならあり得ないことでしょうが、優佳の真面目さそうさせたのでしょう。

しかし、ラストシーンではどうもそれがあだとなってきましたね…涙
写真を撮った人物は一体誰なのでしょうか?

 

続きはこちら↓

https://manganista.net/tenniseirenaiseisinkainotabu-13/