ネタバレ・感想

私と上司の内緒の事情・第153話のネタバレと感想|めちゃコミック



「めちゃコミック」に掲載されている「私と上司の内緒の事情」第153話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「私と上司の内緒の事情」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

私と上司の内緒の事情・第153話のネタバレ

昨晩はめずらしく飲みすぎた三条。

ちょっと休憩のつもりで寄ったベンチで、ひなに膝枕をしてもらいながら眠りこけてしまったわけですが…。

 

三条は翌日にはシャキッと起きて仕事の準備を始めていました。
昨日は遅くまですまなかったと、介抱させてしまったことをひなに詫びます。

ひなは、昨日は楽しかったけれど、部署の打ち上げではあんなに飲まないでくださいねと三条に釘を刺します。

ひなは、三条があんなに飲むなんてきっと何かあったのだろうということがわかっていましたが…それを直接口に出すことはありません。

そして行ってきますのキスをして、今日も三条は先に仕事へと向かいます。

 

三条が先に出て、その次にひなが出る…。
同じ電車に乗り、同じ会社へ勤めているにもかかわらず、この異様な習慣はここに住み始めてからというものずっと続いています。

スキンシップが増えたことは事実ですが、それとは裏腹に近いようで遠い距離感を感じずにはいられないひなです。

一緒に通勤するなんて普通のことすらできない自分たちの関係に、ひなは少しモヤモヤとした気持ちを抱えています。
こんな生活がいつまで続くんだろう…そう遠くを見つめながら電車に乗って出勤するひなでした。

 

しかしそんなひなの不安感はどうやら思い過ごしだった様子…?
三条からは毎日のようにキスやスキンシップを受けて、二人は見てるこちらが恥かしくなるくらいのラブラブっぷりです。

平穏な毎日が過ぎ、季節は秋が近づいてきていました。

 

今日は三条がクライアントと会食の日。
ひなは一人でお留守番することになります。

会食では、先方から先日のイベント企画の大成功に太鼓判を押してもらえた三条です。

引き続き三条にイベント企画をお願いしたいという嬉しい申し出があったのですが…。
三条は春には海外勤務が決まっているといってこれを丁重に断りました。

それを聞いた雪乃は驚きを隠せません。

めめこ
めめこ
あ…ちゃっかり雪乃さん再登場してるんですね…笑

会食後、雪乃は三条と話をしようと呼び止めますが、完全に無視をキメこまれてしまいます。

海外勤務のことを質問しようとしても、ひなのことをどうするつもりなのか尋ねても、三条は一言も言葉を返してくれませんでした。

本当にこれでお別れなのだと、雪乃は悟ります。
三条もまた、タクシーで帰路につく雪乃を身ながら呟きます。

さようなら雪乃…と。



 

私と上司の内緒の事情の最新話を無料で読むには?!

『私と上司の内緒の事情』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

私と上司の内緒の事情・第153話の感想

三条の海外勤務の予定を聞いてしまった雪乃。
もしかしたら雪乃がひなにこのことを入れ知恵するかもしれませんね。

というか雪乃、ちゃっかり再出演してましたね!
前回の騒動でもう雪乃の話は終わったと思ったのですが…粘りますねぇ彼女…笑

雪乃は雪乃なりの方法でちゃんと三条を愛していたようなので、今更出てこられるとこちらも胸が痛くなってしまいます…。

ところで三条は一体いつひなに海外勤務の話を切り出すのでしょうか。
物語の季節は今が10月、転勤は春とのことで、もう半年も時間はないのですが…。

海外行きの話を聞いたら、ひなは一体どうするでしょうね?
一緒についていきたいと言い出すのかな…。
寂しがりで甘えん坊なひなのことだから可能性は大いにありますね!

https://manganista.net/watashitozyoushino154/