マンガ作品別

僕に花のメランコリー10巻最新68話のネタバレ・感想|マーガレット23号

僕に花のメランコリー

マーガレット23号に掲載されている「僕に花のメランコリー」最新68話のネタバレ・感想をまとめました。

68話は僕に花のメランコリー10巻に収録予定です。

僕に花のメランコリー前回67話のおさらい

昴の弟広樹にバッタリ会ってしまった花と弓弦。
広樹はその場を去りますが、気になった弓弦は広樹を翌日待ち伏せすることに。

弓弦は広樹にカツアゲの件を聞くと兄には言わないでと言われます。
そして昴の肩を自分がやったと弓弦は広樹に伝えます。

一方、花は光に友達が通ってる“スイミングスクール”に一緒に通いたいと頼まれ、見学に行きます。
しかしそこに見学案内の係としていたのは昴でした。

まさかの昴とのご対面ーーー!!

花は一体どう接していくのでしょうか…。

僕に花のメランコリー10巻最新68話のネタバレ・感想

もう会うことはないと思っていたのにバッタリと昴に再会してしまった花。
話しかけようとするも、昴はおしゃべりに夢中な子どもを威圧的に注意します。

昴はなぜ花がスイミングスクールにいるのかが理解できなく、花が何か企んでいるのでは?と思い警戒し始める…。

花は弟がスイミングスクールに通いたいから見学に来たと昴に告げますが、
昴はこれ偶然なら、弓弦が自分にしたことは花は知らないのではと考え始めます。

そんな時、昴の母親がやってきて広樹はまだ帰らないのかと尋ねてきます。

昴の母親「広樹にはあんた以上に頑張って欲しいから…」

そんな母親の言葉に昴は怒りをこらえます。
自分は弓弦のせいで水泳が出来なくなり、母親は弟にしか期待しなくなった。そんな状況ってかなり辛いですよね…。

 

花はそんな事情を知らないので、昴から、このスイミングスクールは昴の家が経営していると聞き、

「昴君もやっぱり泳いだりするんですか」と聞いてしまいます。

昴は一瞬、弓弦が自分に何をしたのか話そうと頭をよぎりましたが、「昔はやってた」としかいいませんでした。
花は自分は泳ぎが苦手だということを何の気なしに楽しく語り始めます。

 

昴「俺は、水の中がいい。ただ何も考えずに泳いで余計な音も聞こえない。

ずっと自由でいられる。」

と、話す気もなかったことを、花を前に話してしまっている自分に気づきます。

昴の水泳に対する情熱が淡々と語られていて、かなり水泳に未練があるんだろうなと感じる一言ですね…。




花は弟の光を連れて見学から帰ろうとすると、外は雨が。

花「しょうがない、コンビニに買いに行こうか」

そう歩き出そうとした時、昴が花を呼び止め、花が前に貸した折り畳み傘を差し出します。

花「捨てないでいてくれたんですね」

昴「捨てんの忘れただけだ」

花「本当はこの傘気に入ってたから、帰ってきてよかった。ありがとうございます。」

そう微笑む花。

そんな昴と花のやりとりを、偶然通りかかったルカが目撃し、68話は終わりでした。

 

68話は昴の考えていることや、水泳に対する未練などがジワジワ伝わってくる回でしたね!
昴も昴で悩みを抱えているということや、花に心を開いていく様子が見れました。

この2人を見たルカがどのように感じ、展開していくのかが気になりますね。

次回、69話のネタバレ・感想は11月20日に更新予定です!
ぜひお楽しみに!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。