ネタバレ・感想

エリシオンの新婦・第42話のネタバレと感想|comico

「comico」に掲載されている「エリシオンの新婦」第42話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「エリシオンの新婦」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

 

エリシオンの新婦・第42話のネタバレ

結婚式当日―――。
今日はユイナの最初の結婚式の日です。

清楚なドレスに身を包んだ花嫁のユイナですが、彼女は現在猛烈な疲労に襲われていました。
というのも…「初夜」においてカルが飢えた狼のように激しくユイナを求め続けてきたのです…。

結婚式だというのに、新婦であるユイナに「式が終わったらプライベートで会いたい」などとナンパをしかけてくる輩がいるのは、エリシオン独特の風景と言えるでしょう。

ユイナにとってはそんな男たちからの誘いも、ただのガヤガヤとした雑音にしか聞こえませんでした。

友人たちがヒョコリと姿を現わしてきます。
祝いの言葉を送ってくれる友人たちに、ユイナの表情がパッと明るくなりました。

 

そしていよいよ式が始まります。
エリシオンの結婚式では新婦や誓いの言葉はありません。

かわりに新郎が自分の妻となる女性を集まった招待客たちに紹介するところから始まります。

美しく着飾ったユイナはペコリと招待客たちに向かってお辞儀をしました。
とたんに拍手が沸き起こります。
遠くではエイバンやアスベルスたちがこちらに手を振ってくれていました。

 

そして会食の時間になり―――。
ユイナはキョロキョロとアスベルスの姿を探しています。

するとアスベルスが後ろからユイナにキスをして結婚式の準備は大変だっただろうと声をかけてきました。

とたんに笑顔になるユイナ。
自分は大丈夫だと答えます。

ユイナはカルにアスベルスのことを紹介しますが、どうやらカルはアスベルスのことが気に入らないらしく…握手をする手につい力が入ってしまいました。
なんとなく威圧感を放つカル…。

アスベルスの父親は、カルとエイバンにワインを継ぎながら、自分の息子の未来の花嫁であるユイナをどうかよろしく頼むと言って挨拶をします。
さらには自分の息子のこともどうかよろしく…とまで言い出すアスベルスの父親。

恥ずかしすぎる父親の行動にアスベルスは喚きだし、アスベルスたちは親子で言い合いになってしまいます。

酔いが回りすぎた父親を別室に移すといってアスベルスは退場していくのでした。

 

エイバンは、自分が父を亡くしてからアズベルの父親が自アスベル分のことを息子のように育ててくれたのだと打ち明けてきました。

そのせいかアスベルスは何かとエイバンに突っかかるようになってきたらしく…。

2人がなぜ犬猿の中なのか、その背景を始めてしることになったユイナ。
どうやらアスベルスは礼儀正しいエイバンを見習えといつも父親から怒られていたようなのです。

ユイナはそんな話を聞きながらも、自分は近々アスベルとも二度目の結婚式を上げそうな予感がする…と考えるのでした。

 

『エリシオンの新婦』の最新話を無料で読むには?!

『エリシオンの新婦』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

エリシオンの新婦・第42話の感想

「自分の未来の花嫁になる相手の旦那」だなんて現実ではなかなかありえない言葉が飛び交うので頭が混乱してしまいますね…。
ユイナはエイバンとアスベルスどちらと先に挙式するのでしょうか。
にしてもふとした瞬間にまず探すのがアスベルスだなんて…ユイナは結局一番アスベルスのことが好きなんじゃないかなーと思ってしまいましたね。
本当のところはどうなんでしょうか~。

error: Content is protected !!