ネタバレ・感想

木更津くんの××が見たい・第66話のネタバレと感想|めちゃコミ

「めちゃコミ」に掲載されている「木更津くんの××が見たい」第66話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「木更津くんの××が見たい」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

ネタバレ
木更津くんの××が見たい・ネタバレ全話まとめ・最新話から最終回の結末までめちゃコミックで連載中の大人気コミック『木更津くんの××が見たい』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『木更津くんの××...

 

木更津くんの××が見たい・第66話のネタバレ

重久に元気が出たか。と問いかけられ、笑って出た。と答える旭。
鹿児島にこれて本当によかった。とメンバーと桜島を見ながら思うのです。

春になり、全国の通期表彰式での最優秀賞は旭のグループはもちろん貰えず、取ったのは京都でした。

京都のメンバーたちは泣きながら抱き合っています。

それをチームのメンバーは見ながら、初めは学校の部活動みたいだ。と少しバカにしていて、毎年しらけながら見ていたのですが、1年間本気で頑張って取り組んで表彰されたら嬉しいのは当たり前ですよね。と呟きます。

その姿を見ながら、来年は私たちがあそこに立つんだ。とまた士気を上げるのです。

鹿児島に残ることを竜男に伝えた旭。せっかくの申し出にすみません。と謝る旭を竜男は別に構わない。と声を掛けます。

旭は本当に竜男の仕事を応援しているし、いつでも力になる。と言い、竜男の鬼のような教育を受けたことにより今の自分がいる。と力説します。

鬼…。と言われたことに少し引っかかる竜男が復唱すると、旭は言ってしまった。本音がこぼれた。と言いまたしても竜男に突っ込まれてしまいます。

何かを言いたそうにした竜男は、鹿児島に彼氏がいるんだよな。と旭に問いかけます。その言葉にどこからの情報か。と思い、鹿児島にはいないし、つい最近別れた。と答えます。

そして休憩が終わるため、戻ろうとする旭を引き留めようとする竜男。もうあの時みたいな思いはしない。そう思い竜男は駆け出します。

旭の名前を呼び、ドアの前に立ちはだかるのです。

驚く旭は何事か。と驚いたように竜男を真っ直ぐに見つめます。しかし竜男はまた違った意味で旭を真っ直ぐに見つめるのです。

今回は間に合った。

竜男はそう呟きました。

 

『木更津くんの××が見たい』の最新話を無料で読むには?!

『木更津くんの××が見たい』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

木更津くんの××が見たい・第66話の感想

竜男ーーー!まさかのお前ーーーー!
私的には木更津よりも好きではあるんですけど、旭てきには絶対何?って感じだろうし、全く本意ではないでしょうねぇ。

ノーマークの男から責められる旭ってなかなか新鮮で面白いですね(笑)

鹿児島に残ると決めた旭ですが、これはどういった意味なんだろう。と考えました。
もちろん今のメンバーを大事にしていることもわかりますが、木更津と別れたことでそうなっているのかなぁ。と思ったり思わなかったり。

自分は田舎が鹿児島なので、少し桜島というワードを聞いて懐かしく思いました。
あの広大な自然と空気の綺麗さは、きっと旭を癒してくれると思います。っても木更津がどーせ迎えにくるんだろっ!けっ!(笑)

マンガ ネタバレ
木更津くんの××が見たい・第67話のネタバレと感想 「めちゃコミ」に掲載されている「木更津くんの××が見たい」第67話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじと...
error: Content is protected !!