MENU
    漫画コラム

    単なる入れ替わりモノじゃない!「ぼくは麻理のなか」の心理描写がリアル過ぎ!

    ぼくは麻理のなか

    今回は大好きな漫画家・押見修造先生の「ぼくは麻理のなか」をご紹介。
    全9巻のこの作品は、「漫画アクション」で2012~2016年にわたって連載されていました。

    昨年流行した映画「君の名は」みたいな入れ替わりモノかと思いきや、
    全然そうじゃなかったーーーー!!!

    色々語りたいですが、感想の段落で語っていきたいと思います。
    あらすじはちょっと長くなりますがこんな感じです。




    「ぼくは麻理のなか」のあらすじ

    大学入学とともに上京したものの、大学生活を楽しむことができなくなり、
    ほぼ引きこもりの日々を送ることになった主人公「小森功(こもり いさお)」。

    彼の唯一の娯楽・癒しとなっているのが、
    毎晩コンビニで夜の時間帯に現れる「コンビ二の天使」をなんと「ストーカーする」こと。
    そのコンビニの天使の名は、女子高生の「吉崎麻理(よしざき まり)」。

    ある日、小森はいうものように彼女をストーカーしていると、いきなり彼女が小森の方を見ます。
    すると意識を失う小森。

    目覚めると、なんと小森はあのコンビニの天使・吉崎麻里になっていたのです。
    慌てた彼は、どうにかこの状況から抜け出す方法を考えつつも、彼女のフリをしながら高校生活を送ることに。
    ふと高校生活を送っていたら「では彼女は一体どこにいるのだろうか?」と思い始めるのです。

    ある日、中身は小森である麻理に、あるクラスメイトが「お前は麻理さんではない」と言い放つ。
    そのクラスメイトの名は「柿口依(かきぐち より)」。
    密かに麻理に憧れていた柿口は、あんたは見た目は麻理さんだが中身は別物だろう。と指摘。

    小森も柿口に「自分は麻里さんの中に入ってしまった」と伝え、柿口に気持ちがられる。
    しかし、この状況を早くどうにかしたいと思い、2人は一緒に「小森功」を探すことになります。
    吉崎麻里が小森功に入れ替わっていると推測し、そこからお互いが元に戻る方法を見つけることができると思った為です。

    小森のアパートに行ってみると、なんと彼は見た目も中身も小森のままで存在していました。
    戸惑う二人にもうひとりの小森も戸惑う。

    では吉崎麻里の心は一体どこへ行ってしまったのだろう?
    という、単なる入れ替わりモノではないこのストーリー。




    「ぼくは麻理のなか」の感想

    この漫画は恐らくネタバレしたら超絶つまらなくなってしまうんじゃないかな?
    どんでん返し系だからね。なのでネタバレは一切しません。

    そんな「えぇえぇ!?」というようなラストに繋がる随所の伏線が見事でした。
    (え、この伏線はどうなったの?という回収されていないものも見つけてしまいましたが。)

    表面上は漫画やアニメにあるあるの男女の入れ替わりモノですが、
    「君の名は」のような爽やかでセンチメンタルな要素は一切ありません。

    とにかく表現が生々しい。
    男性が女性の身体になったとしたら、こうなるだろうな、こうするだろうな。というものを、
    見事にやっちゃってくれてます。いやでも、普通入れ替わったらこうなるよね。

    女性なら共感した方は多いとは思いますが、麻理が女の子の日になってしまった描写もかなりリアル。
    ってゆうか押見修造先生って実は女性なんですか?!ってくらいリアルでした。
    このシーンは何を参考に描いたのかかなり気になる…。

    登場人物の心理描写はずば抜けて素晴らしく、相変わらず読者の精神をこれでもかと揺さぶってきます。

    特にラストを知った上で、また読み返すと、
    麻理の葛藤や苦しみになんだか泣けてきてしまいます。
    (あ、ネタバレしないと言ったのに、若干ネタバレっぽくなってる?!)

    そして、柿口さん。
    彼女も彼女で人間関係や家庭の悩みを抱えています。
    誰にも言えなかった苦しみを、小森(姿は麻理)と行動を共にすることで解消していっているようにも見えます。

    という感じで、もうちょっと語りたかったのですが、
    ネタバレになってしまいますので多くを語れないのが残念w

    「ぼくは麻理のなか」はこんな方におススメ!

    ・男女の入れ替わりモノが好き
    ・どんでん返し系が好き
    ・ドロドロした話が好き
    ・押見修造先生の作品が好き
    ことごとく精神を揺さぶられたい

    個人的にはこのような特殊な内容は好みなので、
    生々しくてドロドロしていて、刺激のある漫画が好きな人にはオススメしたい作品。

    逆にその生々しさ、ドロドロさを受け入れられるのであれば、ハマること間違いないでしょう。
    簡単に言ってしまえば、漫画「悪の華」が好きであれば、「ぼくは麻理のなか」も好きになれること間違いなしです!

    「ぼくは麻理のなか」を無料で読むには?

    ネットで漫画が読める電子書籍サービスは沢山ありますが、以下の点で「U-NEXT」が一番お得に賢く無料で読めますよ!

    ・無料キャンペーンの期間が1番長い
    ・無料登録項目の記入が簡単ですぐ終わる
    ・解約がワンクリックでとっても簡単!
    ・動画・電子書籍の作品数が最も多い
    ・成人向けコンテンツも無料で楽しめる

    31日間無料なので、31日間以内に解約すれば料金は一切かかりません!
    是非チェックしてみて下さいね!

    無料で漫画を読む