ネタバレ・感想

エリシオンの新婦 ・第43話のネタバレと感想|comico

「comico」に掲載されている「エリシオンの新婦 」第43話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

エリシオンの新婦 ・第43話のネタバレ

カルとの結婚式を無事に終えたユイナ。
彼女はついにエリシオンという星で妻となりました。

めめこ
めめこ

エリシオンは男性のみしか生まれない星です。
子孫を残すためには別の星から女性を連れてきて結婚をする必要があります。
しかも一人の女性に対して何人もの夫が関係を結ぶという、一妻多夫制という変わった風習がありました。

そのためユイナの結婚はこれで終わったわけではなく…。

とりあえずカルとの結婚を無事に済ませたユイナでしたが…。
息つく間もなく片付けやらお祝いやらで多忙な毎日を送るはめになっています。

そんな中、アスベルの父親から食事会にさそわれたユイナ。
食事会の席に集まったのはアスベルとその父、それからカルやエイバンの姿までもありました。

アスベルの父親は改まってユイナにこのような席を設けた理由は、後日アスベルと婚約パーティーをしてはどうかと提案するためだったと話してきます。

その言葉に瞬時に反応するアスベル。
せっかくなら客人も招いて結婚式さながらに豪華に執り行おう!とユイナの手をとります。

エイバンとの婚約は確か指輪の交換だけで終わったはず…。
婚約とはそんなに派手にやるものなのかと、ユイナは首を傾げます。

しかし派手好き豪華好きなアスベルはどうしても盛大に婚約パーティーを開きたい様子です。
まるで子犬のような表情でユイナに訴えかけてきます。

可愛すぎるアスベルの態度に、ユイナは全てアスベルの好きなようにしてもらって構わないと答えました。
とたんに表情がパァッと明るくなり、ユイナを抱きかかえながら喜ぶアスベル。

とここでエイバンが口をだしてきます。
派手なパーティーをユイナが喜ぶとは思えないと水を差してきたのです。

ユイナは派手で豪華なほうが好きだ!と言い張るアスベル…かたやユイナは優雅で厳かなほうが好きだろうと反論するエイバン…。
2人はユイナの好みを巡って言い合いになってしまいます。

ユイナ本人は派手だろうと優雅だろうとどちらでも良かったのですが、2人は一歩も引くことがありませんでした。

威嚇するようにエイバンを睨みつけるアスベル。
ユイナはそんな彼の腕を引き、レマスレイグに戻る前に2人きりで会いたいと申し出ます。
アスベルはこれを聞いて大喜びです。

 

その晩、アスベルの部屋を訪れたユイナ。
彼はすでに半裸状態で待機しており、ユイナが部屋に入るやいなや彼女に突然キスをし始めて…。

アスベルはシャワーも浴びていないユイナをベッドに押し倒します…。

 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

エリシオンの新婦 ・第43話の感想

結婚式をあげたばかりなのにすぐに婚約パーティー!
しかも夫の目の前で…!
普通なら絶対にありえないシチュエーションですよね…頭がこんがらがりそうです。

ところでエリシオンについてからのユイナって位の高い男性たちから次々に求婚を受けている割には服装がいつも地味な気がします…。
そういう風習があるのでしょうか?
そのあたりもストーリーの中でちょっと触れてほしいなぁと思う今日この頃…。

error: Content is protected !!