漫画コラム

中年男性のヒロイズムが泣ける!漫画「いぬやしき」のあらすじと感想

いぬやしき

今回は漫画「いぬやしき」をご紹介。

作者の奥浩哉先生の前作である大ヒット作「GANTZ」にかなりハマってしまった私は、
「いぬやしき」が漫画雑誌イブニングで連載が始まってからというもの、毎月飛びつくように読んでいました笑

本作も独特な奥浩哉先生のタッチでCGを駆使し、
臨場感あふれる漫画を描いてくれています。

単行本は全9巻。
映画も2018年4月にとんねるずの木梨憲武さんと俳優・佐藤健さん主演で公開されました。

では原作のあらすじと感想を語っていきたいと思います。




「いぬやしき」のあらすじ

ある日、主人公である定年間近の冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は、
ひょんなことから宇宙人の墜落事故に巻き込まれる。

その際、事故に居合わせた高校生・獅子神皓と犬屋敷は宇宙人達に地球技術を超えるスーパーサイボーグに改造されてしまう。
改造されたといっても普段の見た目は人間そのまま。

意思によって空を飛んだり、ネット上の情報をかき集めたり、頭の中で電話をかけることもできる。
人の生命を助ける力もあることに気がついた犬屋敷は不治の病の人を救い、人を救うために力を使い始める。

一方、同じくサイボーグとなった獅子神は民家に入り、平然と凶悪な行為を繰り返すようになる。

同じ力を持っても正反対の行為を行う犬屋敷と獅子神。
2人の人間模様がやがて交錯し、次第には対決にまで発展することに。

「いぬやしき」の感想

この漫画は日常にSFを取り入れてバリバリCG戦闘爽快描写があります。
やっぱり奥浩哉先生の描くメカは美しいです。女の私でも惚れ惚れしてしまうその書き込み具合。

絵柄も十分に楽しめますが、ストーリーもしっかり練られており、
人間の正と悪とは何かについて深く訴えかけられます。

シンプルな正(犬屋敷)と悪(獅子神)。
しかし、一概にどちらかを嫌いになれない人情が織り交ぜられており、
悪である獅子神もなかなか憎めない。

家庭事情等からくる孤独さや社会に対する不満を凶悪行為で埋めていく獅子神は、見ていてなんだか胸が締め付けられます。
そんな獅子神を見て、友達だった関係がいきなりそうでなくなる瞬間、
人間って勝手だなぁと読みながら何度も思わされました。




一方で主人公の犬屋敷は人助けする正義に生きる実感を感じる連続。

この力は人を救うために与えられたと思った犬屋敷は、
全ての時間を人を救うことに当てていくようになります。

自分だから出来ることに着目していくと、確かに力を使って人々を救うという選択肢も自然なのかも。
それも結局は、自分の中の充実感に関係してるのだなと感じました。

もう、中年男性のヒロイズムになんだか泣けてきてしまいます。
犬屋敷って作中ずっとプルプル震えてるんですよ…。

コワい人たちに絡まれるとおじいちゃんをいじめないでぇえええ泣って思っちゃいますが、
思った瞬間、背中からレーザーだのマシンガンだのをぶっ放してコワい人を倒しちゃいますw
そのギャップがなかなか気持ちいい。

でも、家族には自分の身体のことを秘密にしているので、
家に帰ると、家庭内でヒエラルキーの低い犬屋敷は妻や娘・息子から邪見に扱われるんですね。
唯一の心の癒しは愛犬のハナ子だけ。作中で一緒に癒された読者も多いと思います。
GANTZのパンダもそうですが、奥浩哉先生って動物描くのすごい上手いですよね。

本作は物語が進むにつれ、家族のありかた、生命とは、友情とは何かについてまで
深く戦闘を挟みながら描かれてきます。

空虚を凶悪行為で埋めるのか、それとも誰かのために奔走するのか。
物語終盤でみせる二人の行動から、正も悪も実は紙一重で似た感情からきているんだなと気づかされました。

「いぬやしき」はこんな方におススメ!

「いぬやしき」はこんな方におススメです。

・メカが大好き
・意外な設定の物語を楽しみたい
・大規模な話しが好き
柴犬が好き

映画も是非チェックしてみてくださいね^^

「いぬやしき」を無料で読むには?

ネットで漫画が読める電子書籍サービスは沢山ありますが、以下の点で「U-NEXT」が一番お得に賢く無料で読めますよ!

・無料キャンペーンの期間が1番長い
・無料登録項目の記入が簡単ですぐ終わる
・解約がワンクリックでとっても簡単!
・動画・電子書籍の作品数が最も多い
・成人向けコンテンツも無料で楽しめる

31日間無料なので、31日間以内に解約すれば料金は一切かかりません!
是非チェックしてみて下さいね!

無料で漫画を読む