ネタバレ・感想

君が死ぬまであと100日・最新30話のネタバレと感想|マンガMee

少女漫画 ネタバレ

マンガMeeで連載中の漫画「君が死ぬまであと100日」第30話のネタバレと感想です。

文字のみですが、ネタバレ注意です!

前回のあらすじはこちら↓

君が死ぬまであと100日・第29話のネタバレ感想|マンガMeeマンガMeeで大人気の「君が死ぬまであと100日」の第29話のネタバレ感想記事です。 屋上に集まり、ウミの余命の謎に立ち向かう4人...

君が死ぬまであと100日・第30話のネタバレ

謎の白猫の力で過去へと飛ばされた太郎。

目を覚ますと太郎の目の前にいたのは、幼き日のウミでした。

突然のことでこれは夢かと頭が混乱する太郎ですが、ほっぺたをつねってこれが夢ではないことを確認します。

そしてすぐにスマホで時間を確認しようととしたのですが…電源が入らないのかスマホはピクリとも反応しません。

 

太郎は幼いウミに今日の日付を尋ねました。

ウミはたどたどしく2006年の12月だと答えます。

つまり太郎たちがいた現代よりも13年も前ということに…。

驚いて動けなくなっている太郎ですが、幼いウミは太郎を土星人だと思い込み、地球を案内してあげるよ!と言います。

太郎は、過去のウミのことを知れば何かわかるかもしれない…と、ウミがいつも行ってる場所へ案内してもらうことにしました。

 

到着したのは海です。

うみはいつもここで砂場遊びをしたりカニを探したりして遊んでいるといいます。あどけないウミですが、ふと思いつめたように海を眺めていました。

太郎はなんとなく誰かさがしてるの?と尋ねます。

 

するとウミの口からは衝撃的な言葉が出てきました。

ウミのパパはウミのせいでいなくなっちゃったんだ…と言うのです。

 

ここで再び太郎は光の粒に包まれます。

目の前の景色が変わりました。

そこにいるのはウミと、ウミの父親らしき人物の姿です。砂遊びをするウミに、ウミのお父さんがもう帰るよと声をかけます。

まだ遊びたいウミはだだをこねます。
パパ一人で帰れば?などと生意気なことを言います。

そして、ウミが振り返るとそこに父親の姿はありませんでした…。

 

さらにウミが家に帰っても父の姿は見当たらないのです。

母親にも尋ねられましたが、ウミはパパのことはしらないと答えます。

 

次の日、ウミは騒がしい人の声で目を覚ましました。

寝ぼけ眼のウミの前に現れたのは、母親と、警察の人間です。

警察はウミに、本当にパパのこと知らない?なんか言ってなかった?と尋ねます…。

君が死ぬまであと100日を読むには?!

SNSで大人気の「君が死ぬまであと100日」はマンガアプリ『マンガMee』で読むことができます♪

マンガMeeは「有名少女漫画タイトルが結集した少女マンガアプリ」!

「君に届け」「NANA」「こどものおもちゃ」等の名作から「アシガール」「きょうは会社休みます。」等の話題作まで全て無料!恋愛マンガ好きならかなりおススメの漫画アプリです。

・話題の恋愛マンガが盛りだくさん!
・自分のペースで無料でマンガが読めちゃう!
・オリジナル作品満載!

是非アプリをインストールして読んでみて下さいね!

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

posted withアプリーチ

君が死ぬまであと100日・第30話の感想

ウミのパパはどこに行ってしまったのでしょうか…?
この話の流れからすると、ウミのパパがいなくなったのはウミのせいではないようにも思えますが…。

幼いウミは「一人で帰れば」と言ったせいでパパがいなくなってしまったのだと思ったのかもしれませんねぇ…。
父親が自分のせいでいなくなってしまったことが、ウミの心にトラウマとして残っているという可能性が高いですね…これが太郎たちにとって有力な情報になり得るのでしょうか!

気になる続きはこちら↓
更新され次第アップいたします!



コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。