BE LOVE

恋じゃないなら名前をつけて・第7話のネタバレと感想|BELOVE4月号





2021年3月1日発売の「BELOVE」4月号に掲載されている「恋じゃないなら名前をつけて」第7話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「恋じゃないなら名前をつけて」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


恋じゃないなら名前をつけて・第7話のネタバレ

染と司紗が出くわしたのは、なんとジョギング中の柿崎でした!

染は柿崎に敵意むき出し。
柿崎を“おっさん”呼ばわりし、今つーちゃんとデート中なんだけど?と柿崎を邪魔者扱いします。

しかし柿崎はまったく怯む様子はありません。
それどころか、こんなところを週刊誌に撮られたらどうするつもりだ?とベラベラとお説教を始めました。

3人でいれば撮られたとしても問題ない!と言う柿崎は、2人を強引に連れて歩き出します。

 

その後、控室にて―――。
染はメイク台に突っ伏しながら深いため息をついていました。

なんだかんだ司紗との中は誰かに邪魔されっぱなし。
加えて肝心の司紗からはまだ良い返事をもらっていません。

これまで誰かに好きと言われたことは星の数ほどある染でしたが、自分から誰かを追いかけることなんて初めてのことでした。

うまくいかない…と落ち込むと同時に、絶対に司紗をモノにしたい!と肉食的な欲求をさらに燃やします。

そんな中、担当のメイクアップアーティストから受けたアドバイスは、今週末に開かれるブランドのレセプションパーティーに司紗を誘ってみてはどうか?というものでした。

 

染は司紗に喜んでもらいたい一心で、彼女をパーティーへと誘います。

司紗は染からの誘いに若干の戸惑いはあったものの、気分転換のためにパーティーに参加することに決めました。

 

しかし当日パーティー会場へ行ってみると…そこはクラブを貸切っての若者向けのパーティーでした。

なんと司紗はそんな場所に冠婚葬祭用のワンピースで来てしまったのです…!
明らかに浮いている自分に落ち込み気味の司紗。

染は人目を気にせず司紗を口説こうとしますが、ここでもまたしても邪魔が入ってしまいます。
パーティーの主催者と仕事の話に行ってしまった染。

司紗は一人で家路につきますが、なんとなく気分は晴れ晴れとしませんでした。
会場の若さと華やかさに気圧されてしまい、なんだかぐったりしてしまったのです。

すると、下を向いて歩くのは危ないぞと話しかけてくる声が聞こえてきます。
顔をあげるとそこにいたのは柿崎でした。

 

話の流れで2人は一緒にうどんを食べにいくことに。

そこで柿崎は、司紗と染は付き合っているのかと単刀直入に質問してきます。

告白はされたけどうまく答えられなかった…と答える司紗。

すると柿崎は、気乗りしないならそれが答えだと最もな意見を言ってきました。

その一言で自分の気持ちに整理がついてしまった司紗。
なんだかモヤモヤとしていた気持ちが晴れていくのを感じてしまいます。

 

帰り道のタクシーの中で―――。
すっきりしたせいか眠りこけて柿崎にもたれかかってしまう司紗。

柿崎はそんな彼女の頭を一瞬撫でようとしますが、すぐに思いとどまって触れようとしたその手を下ろしてしまうのでした。


 

『恋じゃないなら名前をつけて』の最新話を無料で読むには?!

『恋じゃないなら名前をつけて』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

恋じゃないなら名前をつけて・第7話の感想

柿崎が切ない感じになってますねー。
染に「あんたには関係ないだろ!」的なことを言われた柿崎は、「確かに関係ないけど!でも俺は優しいからな!」的な感じに言い返すんですが…。
本心は多分違うんでしょうね。
本当のところは「司紗のことだから首を突っ込まずにはいられないんだ!」ってことなんだと思いますが、正直にそれが言えないため「俺は優しいから!」と若干無理のある理由を言っちゃってる感じかと思います。
なんかちょっと可愛いですよねここの柿崎は。

ところで司紗は自分の気持ちがどうしても染に傾かないことに気が付いてしまった模様です。
これまで失恋とはほぼ縁のない人生を送ってきた染は、果たして司紗の答えをどう受け止めるのでしょうか…。


error: Content is protected !!