漫画コラム

幻想的で儚い世界観が心地いい「魔法使いの嫁」の感想とあらすじ

魔法使いの嫁

「魔法使いの嫁」はヤマグチコレ先生による作品で、
月間コミックブレイドで連載中。2018年4月時点で既刊9巻。

あまりファンタジー系はあまり読まない私ですが、
タイトルに惹かれて、本屋で試し読みしてしまいました。

「魔法使いの嫁」ってタイトル結構気になりませんか?笑
しかも表紙を見たら、なんと魔法使いが魔法使いっぽくない!!

これはこの魔法使いっぽくない魔法使いと恋愛する話なのか?
だって普通魔法使いの嫁って聞くとなんかラブストーリーなのかなって想像するじゃないですか。

魔法使いのお嫁さんになった主人公の女の子のキュンキュンドタバタストーリー☆かと思いきや…
全然違いました。ごめんなさい。

かなり幻想的で美しい絵柄と世界観でした…。




「魔法使いの嫁」のあらすじ

これまでずっと孤独に生きてきた主人公のチセ。
人生に疲れ果てた彼女はイギリスに行き、闇オークションに自分を「商品」として委ねる。

そして、そのオークションに参加していた骨頭の人外である魔法使い・エリアス・エインズワースに落札される。
何事にも悲観的に生きてきたチセに、エリアスはチセが魔法使いの素質があると話し、
チセを自分の弟子にしつつ嫁にするつもりであることを語ったエリアス。

そしてエリアス共にチセはイギリスでの生活の中で、はじめてみる魔法に触れながら、妖精や魔術師が登場する新たな世界を知り始める…。

「魔法使いの嫁」の感想

あらすじにもあるように、新しい魔法のある世界に触れながら、チセはいろんな経験を積んで、
自分の過去に向き合いながら成長していくストーリー。

はい。絶対ラブ要素ないです。

いつラブが来るの!!って期待しながらページを捲るけれど、
全然出てこないし普通の師匠と弟子との話かって思うくらい。

最初はラブシーンまだかーーい!!と突っ込みながら読んでいたのですが、
(そもそもそういう漫画じゃなかった)
段々とエリアスとチセのいる美しい世界に浸ってしまいます。
絵もかなり書き込まれていて、幻想的で儚い世界観がとっても心地いいです。
なんだかこの漫画を読んでいると癒されます笑

これはチセの成長ストーリーかと思いきや、そうでもありません。
エリアスも人間というものがわからないけれど、理解したい。
それをチセから学んで彼もまた成長していくところが見所ポイントです。

最初は無表情でノーリアクションだったエリアスの感情がどんどん出てくるので、
そこが微笑ましかったり人間ぽくなったなって思えたりしました。

小さな子供に見えたり、凄く立派な紳士に、時には先生に見えたりといろんな角度で見られるエリアス。
クスッとできたり涙したりと色んな感情になれます。

学ぶってことはすごく大切なこと。そして何より言葉にすること。
それを相手に伝えることの大切さってのがものすご~~く詰まっている作品。
ただのキュンキュン漫画じゃなくてもそれ以上に読み応えのあるものだなって感じました笑




「魔法使いの嫁」はこんな方におススメ!

「魔法使いの嫁」はこんな方におススメしたい作品です。

・ファンタジー大好き
・魔法使いとか妖精とか好き
・幻想的な世界観に浸りたい
毎日疲れた。違う世界に行って癒されたい

店頭に試し読みがおいてあったりするので、
見かけた際は是非読んでみてくださいね!!

「魔法使いの嫁」を無料で読むには?

ネットで漫画が読める電子書籍サービスは沢山ありますが、以下の点で「U-NEXT」が一番お得に賢く無料で読めますよ!

・無料キャンペーンの期間が1番長い
・無料登録項目の記入が簡単ですぐ終わる
・解約がワンクリックでとっても簡単!
・動画・電子書籍の作品数が最も多い
・成人向けコンテンツも無料で楽しめる

31日間無料なので、31日間以内に解約すれば料金は一切かかりません!
是非チェックしてみて下さいね!

無料で漫画を読む