ネタバレ・感想

贄姫と獣の王・最新82話のネタバレと感想|花とゆめ10・11号



2020年4月20日発売の「花とゆめ」10・11号に掲載されている「贄姫と獣の王」第82話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「贄姫と獣の王」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

執事・黒星は傅かない・第82話のネタバレ

城の地下室に囚われたおぞましいケモノの正体とは一体―――!?

 

真っ黒いそのケモノ。
鋭い爪に垂れた耳…どうやら酷い怪我をしているようです。

ですがそのケガはベンヌの治癒力で治すことは不可能でした。
なぜならそのケモノは…すでに生きていなかったのです。

 

サリフィのみがその者の声を聞くことができました。

ケモノはサリフィに問います。
なぜ人間の娘であるお前が王の魔力を持っているのかと。

サリフィが指輪を翳すと、そのケモノはすべてを悟り、サリフィが王に選ばれた娘であることを知ります。

彼は自らを元神官長のカペルだと名乗り、さらに百年に渡り王の真実を守り続けていると言い出します。
カペルは王の出生に関わる重大な秘密を知っているが故に、他言しないよう自ら口を縫い合わせ、死して尚、魔術で記憶を読み取られないように生ける屍として秘密の守り人となっているのだとか…。

このケガは、カペルの存在に気付いたセトにやられたのだそうです。

カペルは王に選ばれたサリフィに自らが守ってきた王の秘密を託すと言い、語り出しました。

 

先代王の時代―――。
病弱な王妃が逝去し、先代王は心底落胆しました。
なぜなら2人の間にはまだ世継ぎが産まれていなかったからです。
先代王はなくなく国を追われた双子の弟をカペルに捜させます。

しかしここで問題が発生しました。
王弟はなんと人間の国に逃れ、人との間に子を作っていたのです。

そう、それが現オズマルゴ王・レオだったのでした。

カペルがレオを見つけたとき、すでに王弟も他界しており、まだ目も開かぬレオを母親から引き離してオズマルゴへと戻ってきたのだといいます。

産んだのは人の女でしたが、国民たちには亡き王妃が命がけで産んだ子としてレオは国民に迎えられました。

しかし先代王は世継ぎが人の子であるという事実を受け入れることができずに心を病み、死んでしまったといいます。

これがレオの出生の秘密。

つまりレオは正真正銘王族の血を引いていながら、人の子でもあったのです。

 

サリフィはカペルがそのような重大な事実をたった一人で百年以上も守り続けてくれたことに感謝の意を伝え、抱きしめます。

久々にひとの温もりを感じたカペルはとても安らかな表情をしました。

 

宮中ではレオとヨルムンガンドが大健闘中でした。
見事に城中の注目を一身に集めています。

しかし神官セトの登場により形勢が逆転。
強大な魔力を行使され、2人は身動きがとれなくなってしまいます。

レオの出生の秘密を知ったサリフィたちは、急ぎレオたちの元へと向かいます。

果してサリフィたちは間に合うのでしょうか―――!?



 

贄姫と獣の王の最新話を無料で読むには?!

『執事・黒星は傅かない』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

贄姫と獣の王・第82話の感想

なるほど…!レオはきちんと王族の血を受け継いでいたのですね!
これならセトの主張は利に叶いません。
真実を知れば城内からもレオの見方につく者も増えることでしょう。
国民たちの中にもレオを慕うものは多いことですし、真実が明るみに出れば逆にセトを追い込むことができるかもしれません!

それはそうと、やはりアヌビスの存在が気になりますね…。
アヌビスは結局レオとセト、どちらの見方についているのでしょうか。
個人的にはセトに従っているように見せかけて胸の内ではレオへの忠誠を捨てていないような気がするんですよね…。

それにしてもセトは種族差別を徹底させてオズマルゴで一体なにを成し得ようとしているのでしょうか?
単純に王になりたかったとかいう安直な理由ではないとは思うのですが…。




コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。