BE LOVE

傘寿まり子・最新67話のネタバレと感想|BE-LOVE3月号



2020年2月1日発売の「BE-LOVE」3号に掲載されている「傘寿まり子」第67話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「傘寿まり子」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

傘寿まり子・第66話のネタバレと感想|BE-LOVE2月号BE-LOVE2号に掲載されている、傘寿まり子の第66話ネタバレと感想です。 動き出したまり子たちは上手くいくのか?! ...

傘寿まり子・第67話のネタバレ

オーナーに高齢者でペットも一緒に住める物件があるか相談したところ…なんと答えはイエス!
しかも事務所からも遠くないとのことで、写真を見てみたのですが…。

如何せん、古い…。
しかも狭い…。

だれがどう見ても外見はボロっちい。

文句が顔に出てしまっていたようで、オーナーは「お気に召さないならネットで探せるんじゃないの」と言ってきました。

さっそく「高齢者」「ペット」「賃貸」で検索してみるまり子。

すると出るわ出るわペット可の物件の数々。
オーナー曰く、高齢化社会の今のご時勢、余生をペットと過ごしたい高齢者の入居希望者が増加し、業界としてはその需要を見逃せない事情があるのだといいます。

 

まり子はさっそく物件の見学にやってきます。
しかしいまいちピンとくる物件はありませんでした…。

どこも「狭い」「高い」「駅から遠い」など今一歩のところで満足いく物件には巡りあえません。

ネットカフェで寝起きして、クロを拾って路頭にまよっていたあの頃と比べたら贅沢な悩みなのですが、まり子の物件探しはここで行き詰ってしまっていました。

 

ぐるぐると悩みながら歩いていると、迷子の犬と遭遇します。
そして偶然そこに居合わせたのはちえぞうさんです。
ちえぞうさんはこの犬に見覚えがあるといいます。

この犬はどうやら1階に住む人の家の犬のよう。
仕方がないので二人は犬を家まで送ってあげることにしました。

呼び鈴を鳴らしてでてきたのはお年寄りの女性でした。
逃げ出してしまったという犬は名を「があこ」といい、飼い主の女性は「この子老犬でちょっと目も不自由なんです」と言います。

まり子が自分の家にもネコがいることを話すと「大変ですよね年寄りの家にペットがいるのって」と疲れた表情で言いました。

そう言う彼女の背後がチラリと見えたのですが…俗に言うゴミ屋敷状態。
そしてその女性は早々に扉を閉めてしまいました…。

「あれも老々介護というのかね」とちえぞうさん。
年を取って一人きり、さびしくてペットを飼い始めたはいいけれど、自分に何かあったとき残されたペットはどうするのだろう…。

確かにあんな年寄り犬になってしまっては貰いても見つかりません。

まり子もクロを飼ってしまった身なので人のことは言えませんが、その意見にはぐうの音も出ませんでした。

 

結局まり子はオーナーが進めてくれた物件を借りることにします。
外はボロボロだけど中は意外と綺麗で、クロもまり子も気に入ったようでした。

家が決まって意気揚々と帰路へついたまり子。

しかし家の玄関の前にはなぜか先日の犬がいます。

犬の首輪には「ひっこします。があこをたのみます。」の札が…!?



 

傘寿まり子の最新話を無料で読むには?!

『傘寿まり子』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

傘寿まり子・第67話の感想

ここでまさかの家族が増える展開…!?
老犬に老ネコに…年寄りばかり増えてっちゃいますね~。
それにしても大変だからって老犬のペットを置いていくなんて、なんて無責任な飼い主なのでしょうか。
犬やネコで寂しさを紛らわしていいのは最後まで面倒が見れる人だけだと思います。
それができないならそれこそ犬猫ではなく、ご近所づきあいを盛んにして寂しさを紛らわせたほうがいいと思えてしまいますよね。