ネタバレ・感想

死がふたりを分かつとも・第30話のネタバレと感想




「死がふたりを分かつとも」第30話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「死がふたりを分かつとも」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


死がふたりを分かつとも・第30話のネタバレ

流星はよつばの手を取り、どこにいても必ず迎えに行くから待っていてと伝えるところで目を覚まします。
目覚めた流星は勢いよく起き上がり、よつばがまだ現世にいるといって急いで病室を飛び出します。灯志と加賀理は流星の体調を心配するも、どこか吹っ切れた表情を見て送り出すのでした。

2週間もぼんやりし続けているよつばを心配し、お前には死なれたくないとぼやきながら頬をぺしぺしと触れるように叩く427。
すると突然よつばが立ち上がり、流星が迎えに来てくれるといいます。

そして流星と一緒に寧出町に帰るといい、外へ駆け出していきました。
427は呆気に取られながらも、「寧出町」と「流星」という単語に思考を巡らせます。

流星はよつばの元へ向かって必死に足を動かします。よつばの居場所はなんとなく掴んでいるものの、そこに居るという確証はありません。
しかし走り続ける足は止まらないのでした。
よつばの元へ導かれるように走り続ける流星はついに姿を発見します。

よつばもこちらへ向かう流星を見つけ、名前を呼びながら駆け寄り、抱きつきます。飛び込んでくるよつばをしっかり受け止め、抱きしめる流星。
大好きだと言う言葉に知ってたと笑います。そしてよつばも、知られちゃっていたと涙ながらに笑うのでした。

その光景を影から見ていた427は父に電話をします。
そしてよつばが「寧出」「帰る」という言葉を口にしていたことを伝えます。他にも何か言っていなかったか聞かれると、それだけだと伝えるのでした。

寧出は悪魔が入れない場所だという父。よつばが寧出にいることを不思議に思うも、それが吉となるか凶となるか楽しみだと意味深な笑みを浮かべるのでした。



 

『死がふたりを分かつとも』の最新話を無料で読むには?!

『死がふたりを分かつとも』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録OK!クーポンも無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

死がふたりを分かつとも・第30話の感想

たくさん遠回りしたけれど、やっと会うことが出来た流星とよつば。
体調も万全とはいえない、そしてよつばに会える確証がなくても必死で走り続ける流星に感動しました。
よつばの心の内を知り一度は離れましたが、もう独りにはしないと誓った時にはうるっとしました。

そして同じ時、流星が来てくれていると外に飛び出すよつば。心と心が本当に繋がったからわかったんだろうなあと思いました。
お互いがお互いを見つけ、よつばが抱きつき、流星が受け止め抱きしめるところにはぐっとくるものがありました。

そして、お互いの気持ちを知っていたと笑う2人。本当によかったです。
父は最後に意味深な笑いを浮かべていましたが…よつばは吉星を運んでくれると信じてます!