ネタバレ・感想

島さん・第14話のネタバレと感想|漫画アクション


 
 

「漫画アクション」に掲載されている「島さん」第14話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「島さん」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


島さん・第14話のネタバレ

仕事で大きなミスをし…なんだか全てが嫌になってしまったある一人の青年。
彼は気が付いたら電車を乗り継いで知らない街までやってきてしまっていました。
コンビニの前でアイスを頬張りながら、もう二度と自分の日常には戻らないんだからどうでもいいやと青年は自暴自棄になっています。

アイスの棒をその辺に捨てながら、どいつもこいつも人のせいにしやがって…と心の中で悪態をつく青年。
すると箒を持った島さんが、ポイ捨てはご遠慮願えますかと話しかけてきました。

青年は謝罪をし、島さんはニコニコと会釈をしながら今度は灰皿の掃除をしにいきます。
するとコンビニ前の灰皿には、車の吸い殻を一気に捨てたらしく山盛りの吸い殻が積まれていました。

島さんは咳をしつつもそれらを片付けます。
駐車場には吸い殻以外にもカップラーメンなどがぶちまけられていました。

青年は掃除をする島さんに、コンビニの仕事も大変そうだと声を掛けます。

すると島さんは朗らかに微笑みながら、夜勤は掃除も重要な任務なんでと言いながら、ポケットからあるものを取り出しました。

それは、ヘラです。
島さんはそれを使って床にある黒い塊をガリガリとはがし始めました。

駐車場にはこの黒い塊が無数にこびりついています。
実はこの黒い物体…すべて吐き捨てられたガムなのです。

島さんは何を思ったのか、青年にガム取りをやってみないかともちかけてきました。

なんで自分がそんなこと…と思いつつも、青年はなんとなく島さんの掃除を手伝うことにします。

次第に掃除に夢中になってゆく青年。
汗をかきながら、腰の痛みに耐えながら、時間をかけて駐車場の掃除をやり遂げ、ピカピカに磨き上げた島さんと青年。

2人は綺麗になった駐車場を見て、互いに顔を見合わせながらへへへ…と笑います。
なんだか清々しい気分です。
その清々しさは仕事をやり遂げた時の達成感によく似ていました。

島さんは最後に、青年にオマケのキーホルダーつきの飲み物を手渡します。

ここで青年は、自分は仕事で大きなミスをして全てが嫌になってここに辿り着いてしまったことをと告白。
しかし掃除をしたことでどこかスッキリするできたと笑ってみせてくれます。

青年は、汗をかいたから一緒に銭湯に行かないかと島さんを誘ってきました。

島さんは銭湯には入れない理由があって…と頭をかきますが、一瞬考えてから彼は青年に背中の入れ墨を青年に見せることにします。

垣間見れた堅気とは違う世界の人間の証に、青年は驚きビクっと驚きました。

そして島さんは、仕事に潰されそうならとっとと辞めたほうがいいし懸けるものがあるならやればいいし、間違ったらやり直してみたらいいだけだと青年を諭してきます。

その子言葉は青年の心に深く刺さり、彼は深くお辞儀をして自分の街へと戻って行きました。

 

後日、とある会社では…仕事に精を出す青年の姿が。
そのスマホには、島さんからもらったキーホールダーがつけられていたのでした。


 

『島さん』の最新話を無料で読むには?!

『島さん』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

島さん・第14話の感想

「自分も道を踏み外した過去がある」ということを見せつけたからのこの言葉…刺さりますよね~胸に!
島さんはほんと底抜けにカッコイイおじいちゃんだと思います。
そんな彼の過去がものすご~く気になってしまいますね~。


error: Content is protected !!