ネタバレ・感想

私を捨ててください・第61話のネタバレと感想|ピッコマ

「ピッコマ」に掲載されている「私を捨ててください」第61話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

私を捨ててください・第61話のネタバレ

苦しみを和らげる薬を皇帝からもらうために、過去にはどんな残虐な任務でも遂行してきたというヘクシオン。
彼はそんな自身のことを恥じ、自らを“バケモノ”だと蔑みます…。

人道を外れた自分がアデルを求めるだなんておこがましいにも程がある…ヘクシオンはそう感じつつも、アデルを手放すことができずに葛藤を続けていたのでした。

 

アデルはそんな彼に寄り添い、全ては皇帝が悪いのだと言葉をかけます。
そしてヘクシオンの病は自分が必ず治してみせる…それまで自分は決してヘクシオンを見捨てることなどはしないと宣言します。

 

 

馬車の中ではアデルがヘクシオンの手を握りすでに2時間が経過していました。
しかしヘクシオンの容態は一向に回復する気配がありません。

帰宅するとアデルはすぐに看病しやすい服装に着替えてすぐにヘクシオンのもとへと戻ります。
するとちょうどヘクシオンは皇帝から渡された薬を飲もうとしているところでした。

ヘクシオンの容態はいつにも増して悪そうです…。

手を繋いでいても全く回復する兆しはありません。
アデルは肌と肌が触れ合う時こそより高い治癒力が発揮されるという妖精の言葉を思い出します。

そして彼女は大胆にもヘクシオンに口付を交わし…さらにその先へ進もうとしてきて…!

慌てたヘクシオンはアデルを止めますが…彼女の意思は固く、彼女はヘクシオンへ抱いている気持ちは以前にも増して強くなっているのだということを打ち明けてきました。

全てが終わった後は自由になりたいと話すアデル。
ヘクシオンはそんな彼女の気持ちを尊重するつもりでした。

今は互いを求めることができるだけでも十分です。

想いが一つである2人は、体までも一つになります―――…。



 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

私を捨ててください・第61話の感想

結局皇帝はアデルの治癒力についてはまったく気が付かなかったのでしょうか?
聡いようで案外鈍感なのかなーと思ってしまいました。

まぁアデルが苦しむヘクシオンを前に必死に我慢をして治癒力を隠しとおしたのが幸いしたということなのでしょうが…。

これほど愛し合ってはいるものの、アデルはカレナとして生き続けることにはやはり抵抗があるようです。
全てが終わった後は自由になりたいと話していましたが…ヘクシオンとの未来についてはどう考えているのでしょうか?

カレナではなくアデルとしてヘクシオンと一緒になりたいということなんですかね?
そうなるとやはり出自がかなりの弊害になってきますが…。

ヘクシオンはそのあたりどう考えているのでしょうか。
アデルを自由にしたい、束縛するつもりはないと話していましたが…果たして本当にそれでいいのか…。

マンガ ネタバレ
私を捨ててください・第62話のネタバレと感想|ピッコマ「ピッコマ」に掲載されている「私を捨ててください」第62話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注...
error: Content is protected !!