ネタバレ・感想

90日彼氏・第29話のネタバレと感想|めちゃコミック

少女漫画 ネタバレ

「めちゃコミック」に掲載されている「90日彼氏~愛がないのに抱かれています」第29話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「90日彼氏」の最新話が無料で読めちゃいます!

 

90日彼氏・第29話のネタバレ

佐和子の実家へともどってきた二人…。

たったあと数時間しか彼氏彼女ではいられない…それを過ぎればもう、これきり。

それなのに、なぜわざわざ佐和子の実家へ顔を出すのか…佐和子は桜坂の考えが読めません。

家に入る前に、2人は神社の敷地内を掃除する佐和子のお父さんに会ってしまいます。

そしてまず、桜坂は自ら佐和子の交際相手だと名乗り出ました。

それを聞いたとたんに佐和子のお父さんの表情は険しくなります。

昨晩も桜坂のもとに泊まっていたことを悟られてしまい、なんてふしだらな!と佐和子に怒鳴ってきました。

桜坂に対してものこのここんなところまでついてきてどういうつもりだ!と真っ向から軽蔑してきます。

それに対して桜坂は、冷静な声色で自分は佐和子を東京へ連れて帰るためにここへきたと宣言します。

驚く父親ですが、それは佐和子も同じでした。

今までそんな話、桜坂の口からは一言も聞いていなかったのですから!

話をきいてほしいと願い出る桜坂ですが、佐和子のお父さんはこれにまったく取り合ってくれようとはしません。

お父さんは桜坂に帰れ!と言って佐和子の腕を引き、連れていってしまいます。

めめこ
めめこ
桜坂が何かを隠していることはわかっていましたが、こういうことだったんですね~。だから佐和子に「いろいろなことを諦めないでほしい」と言っていたんですね!

家の中に押し込まれた佐和子。

お父さんは桜坂のことをずうずうしい男だと喚いています。

こんなことなら東京に出さずに高校を出たらすぐに神社を手伝わせるべきだったと、ネチネチと佐和子を責め立てました。

しまいにはあんな甘っちょろい若僧にコロっと騙されて!とよく知りもしない桜坂のことを侮辱し始めます。

これには佐和子も黙っていられませんでした。

桜坂は、これまでパッとしない人生を歩んできてしまった佐和子が、自分自身を代えるきっかけになってくれた大切な人です。

自分のことをいくら貶されようと腹は立ちませんが、桜坂のことを悪くいうのはどうしても許せません。

父親に刃向かい、佐和子は家を飛び出そうとします。

しかし、外を見ればそこには…。

 

帰れと門前払いを食らったはずの桜坂が、じっと佇んでいました…。

 

90日彼氏の最新話を無料で読むには?!

『90日彼氏』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

90日彼氏・第29話の感想

いいぞいいぞ桜坂くん!そのまま佐和子を連れ去ってしまえ~!
と、言いたいところですが…桜坂くんの性格からすると強引に佐和子を連れて帰ることなんてなさそうですよね。
何とかして佐和子の父親を説得させた上で連れて帰る気のはずです!
しかし、そのために桜坂くんは何か策があるのでしょうか?
父親が納得しそうなのは桜坂が婿に入ることくらいしかないとは思うのですが…桜坂くんの主張はあくまでも「佐和子を連れて帰る」といったもの…。
何もなしにただ愛を語るだけでは、この厳格そうな父親を納得させることはできなそうです…。
しかも桜坂くんには過去に”不倫をしていた”という決して誠実とは言えない過去があります。
あきらかに桜坂くんの立場は不利です…この局面を一体どのようにして乗り切るつもりなのでしょうか!?

少女漫画 ネタバレ
90日彼氏・第30話のネタバレと感想|めちゃコミック 「めちゃコミック」に掲載されている「90日彼氏」第30話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっております...


コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。