1. トップ >
  2. 外見至上主義 >
  3. 【最新388話更新】「外見至上主義」ネタバレと感想まとめ | LINEマンガ
最終更新日: 2022-06-22

【最新388話更新】「外見至上主義」ネタバレと感想まとめ | LINEマンガ

「LINEマンガ」に掲載されている「外見至上主義」のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です! 最新386話まで定期的に更新中!

「LINEマンガ」に掲載されている「外見至上主義」のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

↑目次に戻る

外見至上主義・第387話~第388話のネタバレ


必ず記憶を取り戻させる。そう決意した充紀は羽柴に拳を向けました。ですが、羽柴はかつて門馬が語った境地に達しています。見えないほど素早い攻撃を繰り出す羽柴に充紀はなすすべがありません。それでも諦めない充紀。ぼこぼこにやられても羽柴を取り戻すと決めた充紀の心はかつて 迫田丸竜が得た力を充紀に与えました。


境地に至った羽柴の攻撃に対応できるようになった充紀。羽柴の見えない右目を気にして、左腕での攻撃をしない律儀な充紀の攻撃に羽柴はようやく自分を取り戻します。ようやく幻想の世界から抜け出した羽柴。しかし、そんな羽柴をネコは許しません。


まだ高校生だったネコは自分の父が女にのめり込んだせいで経営の傾いたパチンコ店を立て直したことがあります。そのせいでネコは極度の男性不審そんな彼女を一姟会に紹介したのはTグループ、末娘のヴィヴィです。


そこで出会ったのが地下競技場と闘神と呼ばれた羽柴でした。羽柴を気に入ったネコは結城からの申し出を受け入れ、地下闘技場の主となりました。それでも言うことを聞かない羽柴にある薬を投与しました。薬によって記憶を失った羽柴にネコが用意したのは偽りのビッグディール


そして、自分が優里と嘯き、ネコは羽柴を完全コントロールしました。
ですが、もうその夢も終わりを告げます。記憶の戻った羽柴とともに長谷川の約束を守るために充紀は猫を連れて行こうとしました。しかし、彼らの前には統合暴走族陽炎の初代総長、黒田竜平が立ちはだかりーーー⁉

外見至上主義・第387話~第388話の感想

ネコにとっての羽柴

今回、ネコの過去の一部が明らかになりました。ネコはどこか歪んでいるような感じがしていましたが、どうやらネコの父親が原因のようですね。女にのめり込んで、経営しているパチンコ店を傾け、母の命日にもやってこないような父を見ていたせいでネコは歪んだ男性観を得てしまいました。ネコはそんな父を見ている内に男性を支配することに喜びを得るようになって、そこに最強と呼ばれる羽柴と出会ってしまいます。そんな羽柴を支配して、その喜びを得ていたのかもしれません。

次なる敵、黒田竜平

今度充紀たちの前に立ちはだかったのは暴走族の初代総長黒田です。充紀や羽柴も強いことに間違いはありません。その証拠に羽柴はある境地に辿り着いていますし、充紀はその攻撃に対応することが出来ています。ですが、今度の敵は最強の暴走族と言われた黒田竜平。そして、そんな黒田はネコに対してなにやら特別な感情を持っているようです。一体、黒田にとってネコはどんな存在なのでしょうか。2人には一体どんな過去があるのでしょうか?

↑目次に戻る

外見至上主義・第385話~第386話のネタバレ


サーカスは急遽中止になり、一姟会の社長たちが動き出していました。その頃、一姟会の幹部たちと戦闘になっている貴仁の前に現れたのは元関脇力士の元自衛隊員、佐藤和磨。ひょっとこと言われる彼はネコが幹部に選出した時の前評判通りに激しい突っ張りで貴仁を圧倒します。


どうして自分より弱い奴が自分の上にいるのか
その疑問を抱えたまま、相撲界を追放された佐藤は自衛隊で自分よりも弱い上官を殺害。その後、自衛隊を逃げ出した佐藤が出会ったのが、ネコでした。彼女に弱い奴に弱いことをわからせる舞台を用意すると言われ、頷いた佐藤。


佐藤にとって貴仁もまた弱い者。ですが、ボコボコに殴られたはずの貴仁はゆらりと立ち上がります。そして、貴仁の手は佐藤の分厚い肉体をがっちりと掴みました。それどころか、貴仁の手は肉体どころか、骨まで握りつぶします。


貴仁が学んだのはなんでもありの総合格闘技、空道
佐藤は立ち去る貴仁を床から見ながら後悔しました。挑戦するより、命乞いをすべきだったとーーー

===


一方、元弥は相対している竜平に怒りを向けていました。なぜ自分に集中しないんだと拳を握る元弥。しかし、竜平は“あの部屋にビッグディールが”という報告を部下から受けると飛び出して行ってしまいました。元々の蛍介たちの作戦は元弥たちが幹部を足止めし、蛍介を目的の人物に会わせること。


元弥の前から消えた竜平が訪れたのは部下の言うあの部屋。そこには充紀を始めとしたビッグディールの面々、そしてネコの膝枕で眠っている羽柴がいました。なんとその部屋は看板や道に並ぶ服はビッグディールの通りによく似ています。


羽柴を返せ。と要求する充紀たちの前に立ちはだかったのはなんとは羽柴張本人。しかし、彼はなぜかネコのことを優里と呼びます。そして、“優里を守る”と羽柴はビッグディール相手に拳を振るいました。その背中からネコが“守って”と叫びながら恍惚の笑みを浮かべています。


そんな状態になっても充紀たちは整列して、羽柴に忠誠を誓いました。
無抵抗な充紀たちに殴り掛かる羽柴。殴られながらも叫ぶビッグディールの言葉は羽柴には届きません。ここがあの通りで、ネコを優里と信じて疑わない羽柴。


ゆらりと立ち上がった充紀は約束を守るために拳を握りました。 “俺が道を間違えそうになったら、止めてくれ” 。いつか交わした約束を守る時がやってきましたーーー

外見至上主義・第385話~第386話の感想

なんだか涙ぐましいほど羽柴と充紀たちの間にある絆は強いみたいですね。だからこそ、記憶を失っている様子の羽柴がもどかしくてたまりませんし、それにその背後で嬉しそうに笑うネコが憎たらしくて仕方がありません。羽柴には早く記憶を取り戻して、充紀達と共闘してほしいところです。それに戦闘が続いてなんだか忘れていますが、蛍介は一体なにを考えているのでしょうか?

↑目次に戻る

外見至上主義・第383話~第384話のネタバレ


最後のゲームを迎える前に蛍介が用意した作戦は、自分の狐の仮面を託した人物です。その仮面を預けられた男、迫田充紀がステージに現れると柴犬こと羽柴の前に立ちました。
向かい合った柴田を兄と呼ぶ充紀。柴田は知らないと口にしながらも充紀を見るなり、涙を流し、崩れ落ちてしまいます。


その状況を見たネコは、サーカスの中止を宣言。そして、能面にVIP客の退出を促すよう命令しました。そもそも充紀が一姟会と同盟を結んだのは、兄を探すため。その兄が見つかった以上、一姟会は邪魔な存在でしかありません。


兄と再会する時間を邪魔するなと充紀は、グローブをはめながら闘志を燃やします。そこへ現れたのが仮面をしていない蛍介。信頼を取り戻すために行動で示すと蛍介は、おもむろにジャケットを脱ぎます。
兄との再会を邪魔されていら立つ充紀、そんな彼を無視して柴田に会いに行くネコ、そして何か考えのあるらしい蛍介……。

===


そんな3人が相対している頃、ネコからVIP客の誘導を頼まれた能面は彼女のことを考えていました。古い付き合いで、彼女がいなければだめだと考えている能面。そんな能面の前に元弥が進み出てきました。
一方、流星たちもまたそれぞれ一姟会の幹部たちの前に現れます。


流星の前には謙太こと暴力団真上組組長の真上健太。
貴仁の前にはひょっとここと元関脇力士の自衛隊、佐藤和磨がそれぞれ対峙します。
そして、元弥の前にいる能面こと竜平は、暴走族陽炎の初代総長、黒田竜平でした。


最初に戦いを始めたのは流星vs謙太。
謙太は昔、白鬼の譲に父を奪われています。かつて武術を極めたいからと、極真空手の使い手の父の元に指南を求めてやってきた譲。そんな彼が再度真上組を訪ねたのは、真上組が親組織である山国に反旗を翻した時でした。


戦いの天才である譲を前に真上組は壊滅状態。父の命を懇願した謙太に譲が求めたのは、謙太の命です。結局謙太は自分に首を切ることが出来ず、真上組は一度崩壊。それでも謙太は、自力で真上組を立ち直しました。


そんな謙太に声を掛けたのがネコ。"譲に会うために"と言われ、謙太は頷きました。
戦いの天才である譲に憧れを抱いていた謙太にとって、憧れで仇でもある。そんな譲に今の自分を見せたいと、今日まで突っ走ってきました。


いつか譲を殺す。そう心に決めている謙太を前に流星は撃沈。
の頃、結城を始めとした一姟会の社長たちが動き出し––––––––⁉

外見至上主義・第383話~第384話の感想

結局、サーカスは途中で終わってしまいましたね。
ですが、これでついに一姟会vsビッグディールの構想が始まります。これまでの中で一番大きな戦いになるのは間違いありません。どちらが勝つかも気になりますが、蛍介がなにを考えているのも気になりますよね。一体蛍介はなにを考えて、充紀に仮面を渡したでしょうか?物語が進むごとに明らかになると思います!楽しみですね!

↑目次に戻る

外見至上主義・第380話~第382話のネタバレ

芹那を守るために、屈強な佐山に立ち向かった元弥。そんな元弥と芹那は、ルール違反により脱落となってしまいます。しかしVIP客たちから人気を得ていることがわかると、司会のネコは2人をゲームに戻すことにしました。残ったのは蛍介たち5人と残り2人。あとは最終ステージだけですが、突然残りの2人が蛍介たちに殴り掛かりました。


実は殴り掛かった勝沢顕、そしてだるまこと謙太は一姟会が仕込んだスパイです。これまでこのゲームで優勝者が出ていないのは、こういった一姟会による妨害行為があったからでした。すでに蛍介、元弥はぼろぼろ。しかも、埼玉は、突然蛍介たちを裏切ると言い出します。


残るは流星だけ。万事休すかと思ったその時、勝沢が埼玉の掛けているサングラスを蹴り飛ばしました。サングラスの下から現れたのは、一つの目の中に二つ以上の瞳孔がある重瞳という瞳。瞳を隠すための色の濃いサングラスを外した埼玉にとって、圧倒的なスピードでレッドデビルと恐れられている勝沢など相手ではありません。


光速と言われた自分の拳をいとも簡単に止められた勝沢は、"化物"と言葉を零します。かつて同じように言われて除け者にされた記憶を思い出した埼玉は、勝沢の関節を握力だけで外すと落ちてしまったサングラスを拾いました。
勝沢がやられることは想定外。しかし、一姟会もきちんと次の手を用意してありました。


それが謙太。おもむろに流星、元弥、埼玉の前に歩み出ると3人を挑発します。俺たちを同時に相手にするのかと3人が構えたその時、突然謙太が棄権することになりました。騒ぐ場内で蛍介は頭を抱えます。謙太を使って時間稼ぎをしようとしていると思っていたのに、突然それを止めた。一体一姟会が何を考えているかがわかりません。


"それでは最後のゲームを始めます!"
そんな中、ネコは高らかに最終ゲームの開始を宣言しました。発表されたゲームの名前は、<神殺し>。不謹慎すぎる名前と共に現れたのは闘神、柴犬です。フィールドに入った途端、次々に蛍介たちに襲い掛かる柴犬。しかし、黙ってやられる元弥たちではありません。


埼玉、元弥、流星。誰もが自分のエリアで最強の看板を背負ってきた3人。一気に襲い掛かる3人を前に柴犬は、"調子が悪いからショーにはならない。悪い。"と呟くと3人を圧倒します。
"このままじゃ負ける。"ですが、もちろん蛍介は最終ゲームにも攻略法を用意していました。


自分を芹那に殴らせ、気絶をした蛍介。そんな蛍介がゲーム前に、自分の狐の仮面を託した人物がいます。ビッグディールの迫田充紀です。仮面を託された迫田がステージに出ると、柴犬こと羽柴と顔を合わせました。ビッグディールの現No.1元No.1。向かい合った2人は––––––⁉

外見至上主義・第380話~第382話の感想

やっぱり、一姟会はゲームの邪魔をしてきましたね。ゲーム開始時から何かと勝沢は目立つ存在でしたが、まさか一姟会のスパイとは思いませんでした。でも、もし優勝者が出て的中されたら一姟会は高額の賞金を払うことになりますから一姟会も必死ですよね。
そこまでしてでもプレイヤーを進めさせたくなかった一姟会が用意した最終ゲーム。羽柴は強力な相手ですが、一体これからどうなっていくのでしょうか?

↑目次に戻る

外見至上主義・第378話~第379話のネタバレ


突然拉致され、一姟会のデスゲームに参加させられた蛍介たち。順調に進むゲームもついに3つ目。ランダムに選ばれた観客たちが出すクエストをプレイヤーたちがこなしていくというゲームです。もちろんクエストの内容は残忍なものばかり。


ゲームが始まってから蛍介は、勝沢顕というプレイヤーに目を付けていました。実力もあり、ゲームをこなす器用さも持ち合わせています。しかし、今はゲームをクリアする方が重要。警戒しながらも最後のゲームに向けて、流星たち3人にクリアを要求しました。


相手は犯罪者。蛍介たちの手が緩むことはありません。無事に5人全員で4つ目のゲームに進出、かと思ったその時。芹那がクリアしたメンバーから離れます。
実は芹那は、仲間たちの足を引っ張らないためにどさくさに紛れてクリアしたと嘘を吐いていました。


残るプレイヤーは男ばかり。もちろん彼らに下されたクエストは芹那を犯すこと。
クリアゾーンから出れば失格になってしまうため、芹那を守ろうとする元弥を蛍介は引き留めようとします。しかし元弥にとって芹那は元彼女。そしてたった1194日間の片思いの相手でもあります。
勝負よりも大事な女性を守るのに、理由はいりません。

===


失格になるのがわかって飛び出した元弥の相手は第0世代、佐山稔
白虎斡旋所の木村部長と1ヶ月もの間、孤島で戦い続けた元弥は一瞬で自分の何倍もありそうな佐山を追い詰めます。


東エリアで1000回以上戦い、無敵を誇る元弥。しかし、相手は苛烈な第0世代の生き残り。下っ端でさえ1000戦をくぐり抜けるのが当たり前の彼にとって、元弥は当然の修羅道を進んできただけの若造に過ぎません。<戦った数を数えている内は無敵にはなれない>と親分の迫田丸竜から言われて育った佐山に、元弥はぼこぼこにやられてしまいます。


しかし、元弥もまた木村部長との地獄の日々を生き抜きました。その日々の中で我流の拳法を磨き上げた元弥は、ぐったりとした目に芹那を写すと立ち上がります。


"お前を守る。"
木村部長によって叩き込まれた特殊部隊で使われる挟範囲制圧戦術を駆使して、元弥は佐山を地面に叩きつけました。それでもまだ粗削りな元弥の拳法。芹那はそんな元弥に抱き着きました。


会場のすぐそこにあの男が迫っているとも知らずに–––––––。

外見至上主義・第378話~第379話の感想

久しぶりにこのマンガでときめいてしまいました!片思い1194日目ってなんですか!数えているのは置いておいても3年近く分かれてからも片思いをしてるってなんだか素敵ですよね。もちろん芹那がまんざらでもない様子だったので、ストーカーにならなくて済んでいるというだけですが!
さて、気になるのはゲームの展開です。
蛍介は3人の進出を絶対条件にしていました。しかし、今回の事件でクリアエリアから出てしまった元弥は失格。戦力が減ってしまった状態で蛍介はどうするのでしょうか?

↑目次に戻る

外見至上主義・第375話~第377話のネタバレ


ダルマと殴り合いを続ける流星。そこに現れた一姟会に入った狐(蛍介)とひょっとこに囲まれてしまいます。ここで一発逆転してやると覚悟を入れ直した流星ですが、芹那が捕まってしまいました。
埼玉もまた能面と殴り合っていますが、殴り倒されて連れ去られてしまいます。


実は連れ去られた埼玉、流星、元弥、芹那は、結城が選んだメンバーです。結城の計画では彼らはゲームをクリアすることが出来ず、何もできない蛍介の目の前で犠牲になっていく予定でした。しかし、ベッドに横になっている蛍介には計画があります。

===


連れ去られた流星たちが目を覚ましたのは、広すぎる部屋。そこには足枷を付けられたおなじ恰好の人が大勢います。そこで流星たちに声を掛けたのは、彼らの知る蛍介とは似ても似つかない小さな男です。彼は自分を蛍介だと思ってほしいと言いました。


"サーカスのクリア方法を教えるよ"
蛍介言葉に周囲は騒然となります。流星たちだけでなく、屈強な男たちは閉じ込められたストレスのせいか殴り合いを始めてしまいました。


そこへ一姟会第2子会社の社長、光月がネコの仮面をつけて現れます。"優勝すればなんでも叶います。"ネコはそう言うと、彼らを白い仮面をつけた不気味な人が大勢いる闘技場のような場所に連れて行きました。彼女はマイクを取ると司会を始めます。


次々とプレイヤーの罪状や総ベット金額、戦闘力などが発表されました。ここはプレイヤー同士の殺し合いを楽しみながら、賭けをするVIPのための狂った闘技場です。紹介を終えたネコは、動揺するプレイヤーたちを余所にこれから始まるゲームについて説明を始めました。
今回行われるゲームは「ストップ狩り」と呼ばれるじゃんけん。しかし対戦相手であるひょっとこに負けたら、一撃必死の平手が飛んでくるデスゲームです。


見本に殺されてしまった有望株の1人の姿に、プレイヤーたちは恐怖が隠せません。その時、芹那がひょっとこの前に立ちました。絶対に負ける。誰もがそう思いましたが、芹那は勝利します。
ですがその後、ひょっとこの平手の餌食になるプレイヤーが続出。


実はこれから行われるすべてのゲームについて情報を手に入れている蛍介負けるはずがないと流星たちとともに、ゲームを次々にクリアしていきます。さらに彼らを潰そうとするプレイヤーまで、流星たちは逆に倒してしまいました。


あまりの事態に流星たちのベット、戦闘力ともに更新されました。想定外の事態ですが、ネコは焦りの欠片もありません。悠心がいるからです。
次のゲームはプロデュース。一体どんなゲームなのでしょうか–––––––⁉

外見至上主義・第375話~第377話の感想

手に汗握る展開になりました!
サーカスはひどいゲームですが、蛍介がいれば余裕そうです。しかし、ネコはそれを許してはくれませんよね。そんな彼女が隠し玉として握っている悠心とは一体どんな男なのでしょうか?
このサーカスが無事に蛍介の勝ちで終われば、一姟会に大ダメージです。頑張れ!蛍介!

↑目次に戻る

外見至上主義・第1~374話のネタバレ

準備中です。

↑目次に戻る

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ! 多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

タグ:
LINEマンガ ネタバレ・感想 外見至上主義



記事に関するお問い合わせ

おすすめのマンガ・電子書籍アプリ

おすすめのVODサイト

Ranking banner rec.png?ixlib=rails 4.0

人気の記事

Twitter