ネタバレ・感想

恋と心臓・第106話のネタバレと感想|マンガPark



漫画Parkに掲載されている「恋と心臓」第106話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「恋と心臓 」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

恋と心臓・第106話のネタバレ

親友のはずの早和子から発せられた信じられない言葉…。

“友達だと思ったことなんかない”

その言葉に深く傷ついた羊は、半ば放心状態で帰路へと着きます。
自分はただ大切な人たちを全員大事にしたかっただけなのに…。
いったいどうしてこんなことになってしまったのだろう。
もしかして全てをとろうとするあまり、欲張りすぎてしまったのか…。

羊はもう、どうしていいかわからなくなっていました。
雨の中をトボトボと帰っていると、通りかかった車に水までかけられてもう散々な目に会います…。

 

一方その頃―――。
春馬は家にいつつもやはり羊のことが心配でたまりませんでした。
「用事があった」ことにして羊を学校まで迎えに行こうと思い立った、その時です。

羊が帰ってきました。

春馬は慌てて羊を出迎えにいきますが、帰ってきた羊はどうも元気がない様子です…。

から笑いをしながらやっぱり途中で帰ってきてしまったと話す羊。

春馬はすぐに羊に“何かあった”のだろうと察します。
羊をぎゅっと後ろか抱きしめて、ワケを訪ねてくれました。

羊は早和子と仲違いしてしまったことには触れず、家に春馬がいてくれてよかったとだけ答えます。
そして、自分はすぐに騙されるし親友のことも理解できないダメな子なのかな…と言い出しました。

さらに、いつか春馬まで離れてしまったら…本当に独りぼっちになってしまうと涙を流します。

誰にも必要とされなくなることは恐怖でした。

 

春馬は羊がひどく傷ついているのを察し、彼女を自分に向きなおらせて僕までいなくなると思われるのは心外だ、君は僕が連れて行くんだと羊を押し倒します…。

春馬は羊の頬に触れ、彼女をアメリカへと誘いました。
“羊ちゃんには僕だけいれば十分でしょう?”

羊はその質問に頷き、両手を差し伸べて連れて行ってほしいと春馬を求めます。

他のすべてをなくしたとしても、春馬だけは、ずっとずっとそばにいてくれる…。
羊の心が、春馬に支配された瞬間でした。



 

恋と心臓の最新話を無料で読むには?!

『恋と心臓 』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

恋と心臓・第106話の感想

いやー…ついに羊が孤立する展開に。
結果的には春馬の目論見通りですね!
やっぱり早和子のあの発言は春馬に指示されたものだったんでしょうか…。
冬弥も早和子も本当にこのままでいいのかな~…。

羊を全く傷つけることなく彼女とまわりの人間たちの関係を断たせるというのが春馬の最大の目的でしたが、羊はもうボロッボロに傷つきまくりです。
その点に関しては春馬的にも不本意だったでしょうね。

羊はこのまま春馬にアメリカへ連れていかれてしまうのでしょうか?
もしそうなって向こうで春馬と幸せに暮らすことができたとしても、親友だった早和子や冬弥との別れは羊の心に一生の傷として残ってしまうことは必至です…。

春馬はそれを良しとするのかどうか…。