漫画コラム

妄想女子とテレパスのラブコメディー「高台家の人々」が面白過ぎたw

高台家の人々

今回は森本梢子先生の「高台家の人々」について。

アシガールで森本作品にドハマりしてしまい、
この「高台家の人々」も間違いないだろうと思い手に取りました。

はい。間違いありませんでした。面白過ぎです。

本作は「YOU」にて、2012年~2017年まで連載。
単行本は全6巻。2016年には綾瀬はるかさん主演で映画化されています。
映画もかなりコミカルで面白おかしく描かれています。

では、原作の感想とあらすじです。




「高台家の人々」のあらすじ

主人公のOL平野木絵は一見真面目で地味な女性ですが、妄想が大好きな女性。
いつも頭の中はぶっ飛んだ妄想が爆発している状態。

そんな木絵は社内の超セレブイケメンエリート会社員の高台光正と、
偶然にもエスカレーターで一緒になる。

しかし、エリート会社員の光正は実は人の心が読める「テレパス」。
しかも兄弟や祖母も同じ能力を持っているテレパスセレブファミリーだったのです。

木絵の妄想が炸裂している頭の中をつい覗いてしまった光正は、
いつしか木絵の妄想の虜になり、純粋な木絵にどんどん惹かれていくのです。

木絵があまりにも天然であることから、ライバルが表れたり、
光正の母親「由布子」に結婚を反対されたりと様々な障害がありますが、木絵は持ち前の壮大な妄想で困難を乗り越えていきます。
光正もそんな木絵をドンドン好きになり、深い愛情を注ぐ様になります。

「高台家の人々」の感想

この漫画は木絵の妄想で成り立つギャグマンガです。
それくらい木絵の妄想がいい意味で酷すぎるw

とにかく吹いちゃうので、電車の中とかネカフェとかで読まないほうがいいです。

恋愛要素は3割くらいだと思って読んでください。
でもその3割の恋愛要素でも、ちゃんと読者を胸キュンさせてくれます。

まず、テレパスの光正は最初から最後までブレずに木絵を愛し続けます。

一般的なオフィスラブ漫画では、ライバルが表れると男性の心がブレたり、
相手の女性の策略にまんまとハマってヒロインと破局の危機が訪れるのですが、光正は最初から最後まで木絵への愛情が変わることはありません。
そして光正も意外とオクテでドンクサい。この2人は意外と相性がいいのかもしれません笑

そしてタイトル通り「高台家の人々」のキャラ設定がもう濃過ぎて胸焼けしそうw
妹の「茂子」、弟の「和正」、そして祖母の「アン」は、
テレバスでありながら性格がとても暖かくて、木絵のことを応援してくれます。

こんな兄弟やおばーちゃんが欲しい、と何度も思いました。
母親の由布子も最初は反対していたけれども、木絵の誠実さが分かると段々と心を開いてくれる様になります。

つまり、高台家の人々には木絵をイジめる悪役がいないのです。
お蔭で木絵がコンプレックスを感じて落ち込んでいたり、ライバルの出現で悩んでいたりしても、
彼等のサポートがあると思うと安心して読んでられるんです。




「高台家の人々」はこんな方におススメ!

「高台家の人々」はこんな方におススメです。

・オフィスラブが好き
・自分もついつい妄想してしまうたちだ
・美形に囲まれたい
森本先生のギャグが好き

疲れた時に、ラブストーリーを読みながらクスっと笑いたい
高台家の人々はそんな女性にピッタリの作品です。

「高台家の人々」を無料で読むには?

ネットで漫画が読める電子書籍サービスは沢山ありますが、以下の点で「U-NEXT」が一番お得に賢く無料で読めますよ!

・無料キャンペーンの期間が1番長い
・無料登録項目の記入が簡単ですぐ終わる
・解約がワンクリックでとっても簡単!
・動画・電子書籍の作品数が最も多い
・成人向けコンテンツも無料で楽しめる

31日間無料なので、31日間以内に解約すれば料金は一切かかりません!
是非チェックしてみて下さいね!

無料で漫画を読む