ネタバレ・感想

黒崎くんの言いなりになんてならない・75話のネタバレと感想|別冊フレンド7月号


 
 

2021年6月11日発売の「別冊フレンド」7月号に掲載されている「黒崎くんの言いなりになんてならない」第75話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「黒崎くんの言いなりになんてならない」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


黒崎くんの言いなりになんてならない・第75話のネタバレ

貸し切りの船でテンションのあがるみんな。最後だから学校が張り切ったようです。

部屋に戻る前に2人は逃げ出しクリスマスツリーを見に行きます。リスを見つけた由宇にのしかかる雪の塊。永久保存だ。と黒崎は嬉しそうに写真を撮ります。

そしえ由宇は黒崎に寂しいなら留学しなければいいのに。と雪を投げます。守られるのなんてやだ。自分だって頼るんじゃなくて追いかけて追い付きたい。そう言った由宇に黒崎はついてこないのか。と悟るのです。

行かない。でも黒崎が寂しがることもわかってるし、今キラキラ輝いていることも知ってる。だから由宇は言うのです。

手放す気なんてないから行ってきて。

そうかっこよく決めた由宇にこれがお前だ。と嬉しそうに笑います。

ご機嫌だね。と問うた由宇に振り回されて怒っている。と雪を投げる黒崎。すると黒崎の上にも雪の塊が落ちてきました。

見つめ合う2人は雪降る街でキスを交わします。

調子乗らせると夜ばいされる。と言う黒崎に行かない。と声を荒げる由宇。多分。と付け加えた由宇のメガネを取り、黒崎はまたキスをします。

すると白河が現れて先生が騒いでるよ。上手くごまかしたけど。と散々トラブルに見舞われたようで2人に悪魔の笑みを浮かべます。

留学も相談して欲しかった。と白河は黒崎に雪玉をヒットさせるのでした。

黒崎の兄の結婚式に参加することとなったみんな。家族写真を撮る時に黒崎は由宇も入るように言われますが、場違いだ。と断ります。

婚約した。と真顔で言う黒崎は相手は赤羽しかいないだろう。と続けるのです。

学校に戻った由宇たち。W王子の留学パーティーの準備が完成しました。そうです、まさかの白河も黒崎と一緒に留学することになり、下宿先まで一緒です。

そんな時由宇の元に電話がかかってきました。なんと黒崎と白河は空港に居たのです。見送りをされないために嘘の出発日を教えられていたのです。

じゃあな。とそう告げた黒崎に黒悪魔!と由宇はただただ叫んでいました。


 

『黒崎くんの言いなりになんてならない』の最新話を無料で読むには?!

『黒崎くんの言いなりになんてならない』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

黒崎くんの言いなりになんてならない・第74\5話の感想

いや、あっぱれ黒崎( ´艸`)笑
由宇があの一言を告げたことにより、全ての気持ちが吹っ切れたんだと思います。
きっと待っていてくれる。例え待っていなかったとしても絶対由宇をまた自分のものにする。そんな意志がなんとなく決まったように思いました。

いいなー若いなー。って心の底から羨ましくなったけど、黒崎の相手出来るのなんて間違いなく由宇しかいないので、この役は譲りたいと思います(何目線)

白河まで行くとは思っていなかったのですが、黒崎の側に1人でもいたら由宇も安心ではないでしょうか。今後まったくどんな展開になるかは読めないのですが、あんまり連絡のしない2人になりそうですねぇ。

ずーっと由宇がヤキモキして、また黒崎が離れなさそうな一言を掛ける。2人の関係はずっとこんな感じでなんだか愛のカタチってほんといろいろだなぁ。と考えちゃう作品です。


error: Content is protected !!