ネタバレ・感想

真夜中の執事たち・第7話のネタバレと感想|マーガレット7号




2020年3月5日発売の「マーガレット」7号に掲載されている「真夜中の執事たち」第7話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「真夜中の執事たち」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


真夜中の執事たち・第7話のネタバレ

聖ルチア女学院の一室に集まった執事たちは、キノコ鍋祭りについて話しています。

毎年この季節になると、旬のキノコを使ったキノコ鍋をお嬢様方に振る舞う伝統があるとのことです。
楽しそうだと盛り上がる綾瀬でしたが、なぜだか木場の表情は浮かない様子。

実は鍋のキノコはすべて聖ルチア女学院でとれたものを使用する決まりで、それは執事たちが採りに行かなければならないのでした
それに加え、15年前に学園料理長が一度食べた以来見つかっていない「幻の聖ルチア茸」も探さないといけないというのです。

めめこ
めめこ
15年前に一度食べただけのキノコ・・・そんなに時間が経ってもおいしさを忘れられないキノコとはいったいどんな味なのでしょうか・・・(;゚д゚)ゴクリ…

15年もずっと見つかっていないキノコを探すなんてと気落ちする執事たち。
しかし、泣いても笑っても全員が揃うのは今年で最後だという剣人の言葉を聞き、希望を失いかけていた執事たちはやる気を取り戻します。

そしてキノコ狩り当日。
聖ルチア茸以外にも食用のキノコを採っていかなければいけません。

素人がキノコ狩りなんてヤバいのではないかという綾瀬でしたが、執事だったらキノコを見分けるなんて当然のスキルとして持っているものだという剣人たち。

みんなで手分けしつつ大量の食用キノコを採集し、残すは聖ルチア茸を探すのみとなりました。
聖ルチア茸は、満月の日、白魔の森という立ち入り禁止区域の中にたった1日しか姿を現さないのだと言います。

深い霧に覆われ電波も届かない森の中、はぐれないよう慎重に足を進めていく執事たち。

しかしそんな中、雨が降り始めてしまいます。
加えて青山と木場は原因不明の頭痛になり、大門は足を痛めてしまいました。

そんな状況を見て、仕方なくキノコ狩り中止を提案する根津。
みんなも悔しみながらも賛同しますが、理人と剣人だけが諦めず、森の中に走り去って行ってしまいました。

そうして二人が足を進めた先にあったのは、なんと旧ルチア宮跡地だったのです。

 



 

真夜中の執事たちの最新話を無料で読むには?!

『真夜中の執事たち』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録OK!クーポンも無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

真夜中の執事たち・第7話の感想

執事なら当然のスキルとしてキノコを見極められるのですね((+_+))(笑)
まあでもこの方々はなんでもできて当然なのでしょう・・・

天気や体調を見てみんながキノコ狩り中止に賛同する中、剣人ではなく先に走り出したのが理人さんなのには少し驚きました。
みんなが揃うのが最初で最後。
もう来年には居なくなってしまうというのが諦めきれなかったのでしょう(´・ω・`)

キノコ狩りのはずが旧ルチア宮跡地を見つけてしまった二人。
これからここでなにが起こるのでしょうか・・・楽しみです。


error: Content is protected !!