ネタバレ・感想

贄姫と獣の王・最新87話のネタバレと感想|花とゆめ20号



2020年9月19日発売の「花とゆめ」20号に掲載されている「贄姫と獣の王」第87話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「贄姫と獣の王」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

贄姫と獣の王・第87話のネタバレ

セトは王族の血を継いでいなかった…!

事実を受け入れられないセトは、暴走して禁じられた術を行使し続けます!
しかし王族の魔力を有していないセトは、術の負担に耐えきれずに自滅の最後を遂げるのでした―――。

 

レオはセトの亡骸に自らの衣をかぶせてやります。

今回の一件で、この国の玉座に座れる資格があるのはやはりレオただ一人であるということが明らかとなりました。

しかしレオはただ資格があるというだけで玉座に戻ろうとするのは、セトがしていたことと何ら変わりがないと言い出します。

自分が人の血を受け継いでいることをひた隠しにしてきたのは紛れもない事実。
そのことに負い目があるレオは、なんと自らは玉座を退こうとします。
後のことを宰相と元老院に任せ、新しい王を立てるように宣言するのですが…。

それを聞いた途端、先ほどまで戦っていたオズマルゴの兵士たちが、みんな武器を捨ててレオへの忠誠を誓いはじめたのです。

そう、もとより彼らには戦いの前から迷いがありました。
それは灯台を見失った漂流者さながらの…。

今の彼らには導きの灯が必要なのです。

その灯こそ、他ならぬレオに違いありません。

兵士たちは沸き上がり、レオを真の強き王だと支持します。

サリフィはそんなレオの手をそっと握り、よかったねおーさまと声をかけてくれました。

しかしこれはレオ自身だけの力ではありません。
ラントや他の皆、そしてサリフィたちがいたからこその結果です。
レオはサリフィの頬をそっと撫でて感謝の気持ちを露わにします。

 

レオの聖獣が空を舞い、民衆たちにもレオの帰還が知れることとなりました。
彼らも一様にレオを真の王として支持している模様です。

 

城内ではセトによって深手を負わされたアヌビスが療養中でした。
そんな彼の元に見舞いに訪れたレオ。

アヌビスは、これまでレオの前で人間を否定する言葉を口にしてきたことを気にしています。
そんな自分にレオが「自分にも人間の血が混ざっている」などと打ち明けるわけはない…それなのに自分は人間を否定する言葉を並べてレオを追い詰め、疑い続けてしまった…。

アヌビスの後悔はとても深いものでした。
その懺悔のつもりなのか、アヌビスは身体の傷が癒えたらこの国を出ていくと言い出します。

自分がいなくても王にはサリフィがいる…そう語るアヌビス。

レオは確かにサリフィは自分を誰よりも強くしてくれたと話出しました。

しかし自分とサリフィを出会わせてくれたのは紛れもないアヌビスです。

レオは語ります。
軟弱な自分を王たらしめるために、アヌビスはずっと憎まれ役を引き受けてくれていたのだと。

初めから反対を押し切ってサリフィを妃に迎えることもできた…しかしそうしなかったのは、誰よりもアヌビスにサリフィのことを認めてほしかったからです。
自分が心から愛した女を、心から認めてほしかった初めての友であるアヌビスに…。

レオはアヌビスに、この先も自分に助力しつづけてほしいと伝え、アヌビスはこれに涙で答えるのでした。

 

その後、サリフィは生贄を逃がすための抜け道に隠しておいた「人間の国から持ち帰った日記」を取り出します。

城の地下で出会った神官長の話と照らし合わせると、この日記はやはりレオの人間の母親が書いたもので間違いないと読むサリフィ。

そこには新しい発見があるかもしれないしないかもしれない。
知らないほうがよかった過去が記されているかもしれない。

読むか読まないかの決断はレオに一任し、サリフィは日記をレオに手渡します。

心の一切の迷いを払拭したレオは、その日記を読む決意をしました。

その日記は、一人の人間の娘が魔族の子を身籠ったことに気付いた日から始まっており―――。



 

贄姫と獣の王の最新話を無料で読むには?!

『贄姫と獣の王』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

贄姫と獣の王・第87話の感想

ついに王の帰還です!
やはり兵士たちもセトの暴挙についていけない感じだったんですね。
過激すぎる民族主義…あんなのはまさに圧制以外の何ものでもありません。

しかしセトもセトでなかなかに可哀想な人生だった気がします…。
元をただせばだれが悪いのか?
そう聞かれると…これまた別に誰も悪くはないんですよね。
セトの母親だって受けたくても受けることができない王の寵愛に飢えて気が触れてしまったわけですし。
まぁ…浮気?まがいなことをして王以外の子を身籠った母親が悪いと言えば悪いのかもしれませんが、それも寂しさから犯してしまった過ちなのかもしれませんしね。

王宮の中で子供のいない側室ってかなり形見が狭いですから…。
子を産むことこそが使命!みたいな重荷を背負わされていますからね~。

さて、ついにレオの母親の日記を垣間見る展開が訪れました。
フィナーレまでなんとラスト2話!
次話も見逃せませんね~!

少女漫画 ネタバレ
贄姫と獣の王・最新88話のネタバレと感想|花とゆめ21号 2020年10月5日発売の「花とゆめ」21号に掲載されている「贄姫と獣の王」第88話のネタバレと感想です。 文字の...