comic Berry's

お気の毒さま、今日から君は俺の妻・25話のネタバレと感想|comic Berry’s vol.120


 
 

2021年7月19日発売の「comic Berry’s」120号に掲載されている「お気の毒さま、今日から君は俺の妻」第25話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「お気の毒さま、今日から君は俺の妻」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


お気の毒さま、今日から君は俺の妻・第245話のネタバレ

ギリシャに着いた澄花は悩んでも仕方ない。とカサヴェステに突撃します。

アポイントを取ったかと聞かれ、あたふたしていると助け船を出してくれた女性が居ました。どこかで見たような既視感に駆られますが、眩暈をしてしまい応接室で休ませてくれます。

澄花は夢を見ていました。分かれ道に悩む澄花と、その澄花の右手には幼い龍一郎の手が繋がれています。

右側に行こうとする澄花ですが、幼い龍一郎は左を見ています。しかし龍一郎は少し左が怖い気がする。と呟くのです。

それを尊重した澄花は小さい手を握って、2人ならどんな道でも大丈夫だよ。と歩を進めるのでした。後ろ姿は大人になった龍一郎が映っています。

目が覚めた澄花に話しかけてきた男性こそが、ガサヴェステでした。そして助けてくれたその女性はカサヴェステの妻だったのです。

話は早く、カサヴェステの妻は家を訪ねて来たのであれば案内してあげる。と笑顔でいいます。

しかし聞くことを聞いたら帰ろうとしていた澄花だったのですが、物事は順序が必要だ。と言われてしまいます。そして笑ったカサヴェステの顔は龍一郎の目とそっくりだったのです。

一方で龍一郎は澄花が自分の父に会いに行ったことを聞かされます。
仕事を全てほりだしてギリシャに向かおうとする龍一郎。パメラとゼノンも共に行こうとしますが、断られます。

そしてイスタンブールからプライベートジェットを使う方法が1番早くたどり着くから、澄花が心配なら来い。と龍一郎は一緒に行くことにしたのです。

そしてもう一方で、龍一郎の両親とプライベートジェットで移動する澄花。空港の上から見る龍一郎の両親の故郷、サントリーニは澄花にとってはとても美しく見えたのです。

 

『お気の毒さま、今日から君は俺の妻』の最新話を無料で読むには?!

『お気の毒さま、今日から君は俺の妻』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

お気の毒さま、今日から君は俺の妻・第25話の感想

いや、澄花の行動力(笑)
よく本社に突っ込んでいったなぁ。すごすぎる。

しかも英語喋れないんだよねぇ。やっぱいつ見ても龍一郎が惚れるんだろうな。っていうのがとてもよくわかります。

でもなんでご両親は澄花のことを知っていたんだろうね。って読んでいる最中はなったんですよ。あれぇ。って思って読み進めていたらゼノンたちを完璧に忘れていました(笑)

この話題に置いてなくてはならない人物なので、まぁそりゃそうだよね。

ここからどう話が展開していくのか全く予想がつかないんですよね。龍一郎が行って何が変わるんだろう。ってちょっと思ったりしているのも事実です。

でもきっとこのギスギスは澄花じゃないと解消できない気もするので、まぁ楽しみです。

コワモテ上司のXLサイズが入りません! 全巻無料
「お気の毒さま、今日から君は俺の妻」を全巻無料で読めるか徹底検証!漫画村より安全!この記事では大人気漫画「お気の毒さま、今日から君は俺の妻」を無料で読む方法を徹底解説! 「お気の毒さま、今日から君は俺の妻」は初恋...

error: Content is protected !!